北海道大学環境健康科学研究教育センター

ENGLISHお問い合わせ・アクセス

Hokkaido University Center for Environmental and Health Sciences

特任講師 小林澄貴

Pocket

20150511SuKobayashi

e-mail:sukobayashi*cehs.hokudai.ac.jp

(*を半角@に変えてください)

 

1.専門分野
公衆衛生学・疫学・衛生薬学

 

2. 出身地
兵庫県神戸市

 

3. 学歴

2008年3月 摂南大学薬学部薬学科卒業(学士(薬学))

2010年3月 北海道大学大学院医学研究科医科学専攻修士課程修了

(修士(医科学))

2014年3月 北海道大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了(博士(医学))

 

4. 職歴

2014年4月‐2015年3月 北海道大学環境健康科学研究教育センター 学術研究員

2015年4月‐2016年3月     北海道大学環境健康科学研究教育センター 特任助教

2016年4月‐現在     北海道大学環境健康科学研究教育センター 特任講師

 

5. 資格・免許

薬剤師免許

 

6. 賞

2013年9月 第9回北海道大学大学院医学研究科・医学部医学科音羽博次奨学基金

 

7. 学会(主なもの)

日本衛生学会、日本公衆衛生学会、日本疫学会、北海道公衆衛生学会

 

8. 研究業績

▼ Original Articles w/peer

H. Goudarzi, C. Miyashita, E. Okada, I. Kashino, C-J Chen, S. Ito, A. Araki, S. Kobayashi, H. Matsuura, R. Kishi; Prenatal Exposure to Perfluoroalkyl Acids and Prevalence of Infectious Diseases up to 4 Years of Age. Environment International, 104, 132-138, 2017

R. Kishi, A. Araki, M. Minatoya, T. Hanaoka, C. Miyashita, S. Itoh, S. Kobayashi, Y. Ait Bamai, K. Yamazaki, R. Miura, N. Tamura, K. Ito. H. Goudarzi; The Hokkaido birth cohort study on environment and children’s health: Cohort profile – updated 2017, Environmental Health and Preventive Medicine, 22-46,2017

S. Kobayashi, K. Azumi, H. Goudarzi, A. Araki, C. Miyashita, S. Kobayashi, S. Itoh, S. Sasaki, M. Ishizuka, H. Nakazawa, T. Ikeno, R. Kishi; Effects of prenatal perfluoroalkyl acid exposure on cord blood IGF2/H19 methylation and ponderal index: the Hokkaido study, Journal of Exposure Science and Environmental Epidemiology, 27, 251-259, 2017

S. Kobayashi, F. Sata, C. Miyashita, S. Sasaki, S. Ban, A. Araki, H. Goudarzi, J. Kajiwara, T. Todaka, R. Kishi; Dioxin-metabolizing genes in relation to effects of prenatal dioxin levels and reduced birth size: The Hokkaido Study. Reprod Toxicol 2017; 67: 111-116.

S. Kobayashi, F. Sata, S. Sasaki, T. S. Braimoh, A. Araki, C. Miyashita, H. Goudarzi, S. Kobayashi,R. Kishi, Combined effects of AHR, CYP1A1, and XRCC1 genotypes and prenatalmaternal smoking on infant birth size: Biomarker assessment in theHokkaido Study, Reprod Toxicol., 65, 295-306, 2016

Yila TA, Araki A, Sasaki S, Miyashita C, Itoh K, Ikeno T, Yoshioka E, Kobayashi S, Goudarzi H, Baba T, Braimoh T, Minakami H, Endo T,Sengoku K, Kishi R; Predictors of folate status among pregnant Japanese women: the Hokkaido Study on Environment and Children’s Health, 2002-2012. Br J Nutr., 115, 2227–2235, 2016

Kishi, R., Nakajima, T., Goudarzi, H., Kobayashi, S.,  Sasaki, S.,  Okada, E., Miyashita, C., Itoh, S., Araki, A., Ikeno, T., Iwasaki, Y., Nakazawa, H;The Association of Prenatal Exposure to Perfluorinated Chemicals with Maternal Essential and Long Chain Polyunsaturated Fatty Acids during Pregnancy and the Birth Weight of their Offspring: The Hokkaido Study  Environ Health Perspect. 123(10) :1038-45, 2015

Chihiro Miyashita, Seiko Sasaki, Yasuaki Saijo, Emiko Okada, Sumitaka Kobayashi, Toshiaki Baba, Jumboku Kajiwara, Takashi Todaka, Yusuke Iwasaki, Hiroyuki Nakazawa, Noriyuki Hachiya, Akira Yasutake, Katsuyuki Murata, Reiko Kishi. Demographic, behavioral, dietary, and socioeconomic characteristics related to persistent organic pollutants and mercury levels in pregnant women in Japan. Chemosphere. 2015. 133: 13-21.

Emiko Okada, Seiko Sasaki, Ikuko Kashino, Hideyuki Matsuura, Chihiro Miyashita, Sumitaka Kobayashi, Kumiko Itoh, Tamiko Ikeno, Akiko Tamakoshi, Reiko Kishi. Prenatal exposure to perfluoroalkyl acids and allergic diseases in early childhood. Environment International. 2014. 65: 127-134.

Reiko Kishi, Sachiko Kobayashi, Tamiko Ikeno, Atsuko Araki, Chihiro Miyashita, Seiko Sasaki, Emiko Okada, Sumitaka Kobayashi, Ikuko Kashino, Kumiko Itoh, Sonomi Nakajima, the members of the Hokkaido Study on Environment and Children’s Health. 10 years progress of the Hokkaido Birth Cohort Study on Environment and Children’s Health: Cohort profile – update 2013. Environmental Health and Preventive Medicine. 2013. 18(6): 429-450.

Sumitaka Kobayashi, Fumihiro Sata, Seiko Sasaki, Susumu Ban, Chihiro Miyashita, Emiko Okada, Mariko Limpar, Eiji Yoshioka, Jumboku Kajiwara, Takashi Todaka, Yasuaki Saijo, Reiko Kishi. Genetic association of aromatic hydrocarbon receptor (AHR) and cytochrome P450, family 1, subfamily A, polypeptide 1 (CYP1A1) polymorphisms with dioxin blood concentrations among pregnant Japanese women. Toxicology Letters. 2013. 219(3): 269-278.

Ayako Kanazawa, Chihiro Miyashita, Emiko Okada, Sumitaka Kobayashi, Noriaki Washino, Seiko Sasaki, Eiji Yoshioka, Futoshi Mizutani, Youichi Chisaki, Yasuaki Saijo, Reiko Kishi. Blood persistent organochlorine pesticides of pregnant women relating to their characteristics in the Hokkaido Study on environment and children’s health. Science of the Total Environment. 2012. 426: 73-82.

Thamar Ayo Yila, Seiko Sasaki, Chihiro Miyashita, Titilola Serifat Braimoh, Ikuko Kashino, Sumitaka Kobayashi, Emiko Okada, Toshiaki Baba, Eiji Yoshioka, Hisanori Minakami, Toshiaki Endo, Kazuo Sengoku, Reiko Kishi. Effects of maternal 5,10-methylenetetrahydrofolate reductase C677T or A1298C polymorphisms and tobacco smoking on infant birthweight in a Japanese population. Journal of Epidemiology. 2012. 22(2): 91-102.

Emiko Okada, Seiko Sasaki, Yasuaki Saijo, Noriaki Washino, Chihiro Miyashita, Sumitaka Kobayashi, Kanae Konishi, Yoichi M. Ito, Rie Ito, Ayako Nakata, Yusuke Iwasaki, Koichi Saito, Hiroyuki Nakazawa, Reiko Kishi. Prenatal exposure to perfluorinated chemicals and relationship with allergies and infectious diseases in infants. Environmental Research. 2012. 35(2): 313-318.

Chihiro Miyashita, Seiko Sasaki, Yasuaki Saijo, Noriaki Washino, Emiko Okada, Sumitaka Kobayashi, Kanae Konishi, Jumboku Kajiwara, Takashi Todaka, Reiko Kishi. Effects of prenatal exposure to dioxin-like compounds on allergies and infections during pregnancy. Environmental Research. 2011. 111(4): 551-558.

 

▼ Conference Presentations

S. Kobayashi, C. Miyashita, S. Sasaki, A. Araki, F. Sata, S. Ban, J. Kajiwara, T. Todaka and R. Kishi; Effects of maternal AHR, CYP1A1 and GSTM1 polymorphisms and dioxins on infant birth weight: The Hokkaido Study. ISEE 2015. San Paulo, Brazil. (2015.8.30-9.3)

Kobayashi S., Azumi K., Sasaki S., Ishizuka M., Nakazawa H., Okada E., Kobayashi S., Goudarzi H., Itoh S., Miyashita C., Ikeno T., Araki A., Kishi R.; The effects of perfluoroalkyl acids (PFAAs) exposure in utero on IGF2/H19 DNA methylation in cord blood. 26th Annual International Society for Environmental Epidemiology Conference – From Local to Global: Advancing Science for Policy in Environmental Health. Seattle, USA. (2014.08.24-28)

Itoh S., Kajiwara J., Miyashita C., Kobayashi S., Sasaki S., Ban S., Ikeno T., Araki A., Kishi R.; The effects of hydroxylated PCBs in maternal serum on infant thyroid hormones. Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

C. Miyashita, T. Ikeno, S. Sasaki, E. Okada, S. Kobayashi, K. Konishi, J. Kajiwara, T. Todaka,R Kishi; Effects of prenatal exposure to dioxin-like compounds on infant health. BiCCA. Taipei, Taiwan. (2012.11.17-22)

Miyashita C., Sasaki S., Saijo Y., Okada E., Kobayashi S., Baba T., Kajiwara J., Todaka T., Iwasaki H., Nakazawa H., Hachiya N, Yasutake A, Kishi R.; Dioxins, Perfluorooctane sulfonate, Perfluorooctanoic Acid in the Blood, and Mercury Concentrations in the Hair During Perinatal Period in Japan. ISES 22nd Annual Meeting. Seattle, USA. (2012.10.28-11.01)

Toshiaki Baba, Eiji Yoshioka, Seiko Sasaki, Chihiro Miyashita, Motoyuki Yuasa, Sachiko Ito, Jumboku Kajiwara, Takashi Todaka, Shizue Kato, Sumitaka Kobayashi, Emiko Okada, Ikuko Kashino, Thamar Ayo Yila, Titilola Braimoh, Reiko Kishi. Levels of PCB congeners in maternal blood and their effect on maternal and neonatal thyroid hormones – result from Hokkaido Study on Environment and Children’s Health. The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (ASIATOX-VI). Sendai, Miyagi, Japan. July 17-20, 2012.

T. Braimoh, S. Sasaki, TA. Yila, T. Baba, C. Miyashita, E. Okada, I. Kashino, K. Ito, S. Kobayashi, E. Yoshioka,R. Kishi; Effects of prenatal environmental tobacco smoke exposure on infant birth size. The American Public Health Association (APHA) 139th Annual Meeting and Exposition. Washington, DC, USA. (2011.10.29-11.2)

T. Braimoh, S. Sasaki, TA. Yila, T. Baba, C. Miyashita, E. Okada, I. Kashino, S. Kobayashi, E. Yoshioka,R. Kishi; Effects of exposure to second-hand smoke during pregnancy on birth size. . Women’s Health Conference. New York, USA. (2011.04.02)

C. Miyashita, S. Sasaki, E. Yoshioka, T. A. Yila, T. Baba, T. Braimoh, I. Kashino, E. Okada, S. Kobayashi, Y. Otake, M. Limpar, J. Kajiwara, T. Todaka,R. Kishi; Prenatal Exposure to Dioxins in Relation to Allergy and Infection in Infancy-Hokkaido Study on Environment and Chidren’s Health-. ISES-ISEE 2010: Joint Conference of International Society of Exposure Science & International Society for Environment Epidemiology. Seoul, Korea. (2010.08.28-9.1)

Thamar Ayo Yila, Seiko Sasaki, Titilola Serifat Braimoh, Sumitaka Kobayashi, Mariko Limpar, Eiji Yoshioka, Reiko Kishi. Effects of maternal smoking and 5, 10-MTHFR C677T Polymorphism on infant’s birthweight -The impact of folic acid supplementation-. 3rd Annual Conference on Genomics of Common Diseases. Cambridge, UK. September 23-26, 2009.

Seiko Sasaki, Sumitaka Kobayashi, Susumu Ban, Eiji Yoshioka, Chihiro Miyashita, Emiko Okada, Mariko Limpar, Thamar Ayo Yila, Toshiaki Baba, Titilola Braimoh, Ikuko Kashino, Yuko Otake, Ayako Kanazawa, Motoyuki Yuasa, Jumboku Kajiwara, Takashi Todaka, Reiko Kishi. Relationship between AhR gene polymorphisms and dioxin concentrations in maternal blood- Hokkaido Study on Environment and Children’s Health -. 2010 Joint Conference of International Society of Exposure Science & International Society for Environmental Epidemiology (ISES-ISEE 2010). Seoul, Korea. August 28-September 1, 2010.

 

▼ 原著論文、総説

金澤文子, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, 小林澄貴, 鷲野孝揚, 湯浅資之, 佐々木成子, 吉岡英治, 水谷太, 苣木洋一, 岸玲子. 北海道の妊婦の全血中POPs系農薬の濃度―「環境と子どもの健康に関する北海道研究」―. 日本衛生学雑誌. 2011. 66(1): 95-117.

池野多美子, 小林澄貴, 馬場俊明, 岸玲子. 注意欠損/多動性障害(ADHD)に関する文献レビュー―有病率と発症の養育環境要因. 北海道公衆衛生学雑誌. 2011. 25: 53-59.

小林澄貴, 荒木敦子, 佐々木成子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 岸玲子. 胎児期の母の受動喫煙と児の出生体重との関連について最近の研究動向. 北海道公衆衛生学雑誌. 2014. 28: 37-48.

 

▼ 解説、その他

宮下ちひろ, 佐々木成子, 西條泰明, 鷲野考揚, 岡田恵美子, 小林澄貴, 小西香苗, 梶原淳睦, 戸高尊, 岸玲子. 胎児期ダイオキシン類曝露が乳幼児のアレルギーおよび感染症リスクに与える影響. 北海道医学雑誌. 2012. 87(2-3): 78.

岡田恵美子, 佐々木成子, 西條泰明, 鷲野考揚, 宮下ちひろ, 小林澄貴, 小西香苗, 伊藤陽一, 伊藤里恵, 中田彩子, 岩崎雄介, 斎藤貢一, 中澤裕之, 岸玲子. 有機フッ素化合物の胎児期曝露と乳幼児のアレルギー症状および感染症との関連. 北海道医学雑誌. 2012. 87(4-5): 184.

小林澄貴, 佐田文宏, 佐々木成子, 坂晋, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, Mariko Limpar, 吉岡英治, 梶原淳睦, 戸高尊, 西條泰明, 岸玲子. 妊婦のダイオキシン類代謝酵素遺伝子多型と母体血中ダイオキシン類濃度との関連. 北海道医学雑誌. 2013. 88(4-5): 145.

岡田恵美子, 佐々木成子, 樫野いく子, 松浦英幸, 宮下ちひろ, 小林澄貴, 伊藤久美子, 池野多美子, 玉腰暁子, 岸玲子. 有機フッ素化合物の胎児曝露が乳幼児期のアレルギー症状に及ぼす影響. 北海道医学雑誌. 2014. 89(1): 70.

小林澄貴, 佐々木成子, 佐田文宏, 宮下ちひろ, 池野多美子, 荒木敦子, 岸玲子. 妊婦の受動喫煙が児の出生時体格へ及ぼす影響:遺伝的なハイリスク群について―環境と子どもの健康に関する北海道スタディ―. 北海道小児保健研究会会誌. 2014. 35-39.

 

▼ 学会発表(国内)

湊屋街子、小林澄貴、西原進吉、池野多美子、岸玲子, 「母の妊娠中喫煙が児の出生体重、生後の発育に与える影響」, 第75回日本公衆衛生学会総会, 大阪, (2016.10.26-28)

西原進吉、小林澄貴、池野多美子、湊屋街子、岸玲子, 「家庭内での分煙行動と子どもの尿中コチニン値の関係」, 第75回日本公衆衛生学会総会, 大阪, (2016.10.26-28)

西條泰明、川西康之、吉岡英治、伊藤俊弘、伊藤善也、小林澄貴、湊屋街子、岸玲子,「エコチル調査北海道ユニットセンター詳細調査における環境測定」, 第75回日本公衆衛生学会総会, 大阪, (2016.10.26-28)

小林澄貴, 佐々木成子, 坂晋, 近藤朋子, 湯浅資之, 吉岡英治, 金澤文子, 鷲野考揚, 小西香苗, 梶原淳睦, 戸高尊, 平川博仙, 堀就英, 安武大輔, 岸玲子. 胎児発育に影響を与えるダイオキシン類の曝露と遺伝要因との関連―「環境と子どもの健康 北海道スタディ」―. 第19回日本疫学会学術総会. 金沢市. 2009.1.23-1.24.

佐々木成子, 坂晋, 湯浅資之, 吉岡英冶, 金澤文子, 鷲野考揚, 小西香苗, 宮下ちひろ, 小林澄貴, 岡田恵美子, 佐田文宏, 近藤朋子, 岸玲子. 胎児発育に及ぼす母の喫煙の影響とNQO1およびMGMT遺伝子多型との関連―『環境と子どもの健康 北海道スタディ』―. 第19回日本疫学会学術総会. 金沢市. 2009.1.23-1.24.

金澤文子, 佐々木成子, 加藤静恵, 鷲野孝揚, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, 小林澄貴, 吉岡英治, 岸玲子, 水谷太, 苣木洋一. 北海道における有機塩素系農薬の妊婦への曝露状況. 第61回北海道公衆衛生学会. 札幌市. 2009.11.12-11.13.

宮下ちひろ, 佐々木成子, 岡田恵美子, 小林澄貴, 西條泰明, 鷲野考揚, 吉岡英治, 梶原淳睦, 戸高尊, 岸玲子. 感染症とダイオキシン類曝露の関連―環境と子どもの健康に関する北海道スタディ(2)―. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台市. 2010.5.9-5.11.

Thamar Ayo Yila, 佐々木成子, 馬場俊明, 宮下ちひろ, Titilola Braimoh, 樫野いく子, 小林澄貴, 岡田恵美子, 吉岡英治, 岸玲子. 北海道の妊婦初期葉酸値の検討―環境と子どもの健康に関する北海道スタディ(5)―. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台市. 2010.5.9-5.11.

Titilola Braimoh, 佐々木成子, Thamar Ayo Yila, 馬場俊明, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, 樫野いく子, 小林澄貴, 吉岡英治, 岸玲子. 血中コチニン値による受動喫煙の評価―環境と子どもの健康に関する北海道スタディ(6)―. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台市. 2010.5.9-5.11.

金澤文子, 佐々木成子, 鷲野考揚, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, 小林澄貴, 吉岡英治, 水谷太, 苣木洋一, 岸玲子. 難分解性有機塩素系農薬の妊婦への曝露状況―環境と子どもの健康に関する北海道スタディ(4)―. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台市. 2010.5.9-5.11.

小林澄貴, 佐々木成子, 坂晋, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, Mariko Limpar, 吉岡英治, 梶原淳睦, 戸高尊, 岸玲子. AhRおよびAhRR遺伝子多型と母体血中ダイオキシン類濃度との関連―『環境と子どもの健康に関する北海道スタディ』―. 第21回日本疫学会学術総会. 札幌市. 2011.1.21.-22.

伊藤久美子, 佐々木成子, Thamar Ayo Yila, 馬場俊明, 宮下ちひろ, 樫野いくこ, 岡田恵美子, 小林澄貴, 吉岡英治, 岸玲子. 妊婦葉酸値と先天異常リスクとの関連―環境と子どもの健康に関する北海道スタディ(1)―. 第81回日本衛生学会学術総会. 東京都品川区. 2011.3.25.-28.

宮下ちひろ, 佐々木成子, 岡田恵美子, 小林澄貴, 西條泰明, 吉岡英治, 馬場俊明, 梶原淳睦, 戸高尊, 岸玲子. 抗エストロゲン様作用PCBs曝露と出生体格との関連―環境と子どもの北海道スタディ(2)―. 第81回日本衛生学会学術総会. 東京都品川区. 2011.3.25.-28.

坂晋, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, 小林澄貴, 吉岡英治, 岸玲子. 妊娠期における有機フッ素化合物N-EtFOSE曝露による胎盤遺伝子への影響. 第81回日本衛生学会学術総会. 東京都品川区. 2011.3.25.-28.

金澤文子, 佐々木成子, 小林澄貴, 吉岡英治, 岸玲子. 北海道の妊婦の全血中難分解性有機塩素系農薬濃度. 第70回日本公衆衛生学会総会. 秋田市. 2011.10.19-21.

小林澄貴, 池野多美子, 馬場俊明, 岸玲子. 注意欠損・多動性障害に関する文献Review(2)―環境要因と遺伝要因, およびその交互作用. 第82回日本衛生学会学術総会. 京都市. 2012.3.24.-26.

池野多美子, 小林澄貴, 馬場俊明, 岸玲子. 注意欠損・多動性障害に関する文献Review(1)―有病率と発生に関する要因. 第82回日本衛生学会学術総会. 京都市. 2012.3.24.-26.

宮下ちひろ, 佐々木成子, 岡田恵美子, 小林澄貴, 蜂谷紀之, 岩崎雄介, 中澤裕之, 梶原淳睦,戸髙尊,岸玲子. 妊婦血と毛髪の環境化学物質に関連する要因―環境と子どもの健康北海道スタディ―. 第82回日本衛生学会学術総会. 京都市. 2012.3.24.-26.

坂晋, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, 小林澄貴, 岸玲子. 有機フッ素化合物N-EtFOSEの胎児期曝露による雌雄における胎盤遺伝子発現量の変化.第82回日本衛生学会学術総会. 京都市. 2012.3.24.-26.

田川雅大, 内藤久雄, 林由美, 川野愛子, 佐々木成子, 荒木敦子, 小林澄貴, 岸玲子. ヒトの出産前後における血液DEHP代謝物濃度の解析. 第82回日本衛生学会学術総会. 京都市. 2012.3.24.-26.

坂晋, 宮下ちひろ, 岡田恵美子, 小林澄貴, 里見佳子, 原田均, 井上純子, 大西志保, 川西正祐, 岸玲子. 有機フッ素化合物N-EtFOSEの胎児期曝露による雄胎仔の胎盤遺伝子発現量変化. 日本薬学会第132年会. 札幌市. 2012.3.28.-31.

池野多美子, 小西香苗, 中島そのみ, 喜多歳子, 小林澄貴, 馬場俊明, 岸玲子. 胎児期ダイオキシン類曝露が3歳半の発達に及ぼす影響―「環境と子どもの健康に関する北海道スタディ」. 第23回日本疫学会学術総会. 大阪府吹田市. 2013.1.24-26.

佐々木成子, 宮下ちひろ, 松村徹, 山本潤, 樫野いく子, 岡田恵美子, 小林澄貴, 伊藤久美子, 岸玲子. 妊娠期のビスフェノールA曝露による母体血, 臍帯血中濃度の検討. 第83回日本衛生学会学術総会. 金沢市. 2013.3.24.-26.

宮下ちひろ, 佐々木成子, 池野多美子, 岡田恵美子, 小林澄貴, 樫野いく子, 伊藤久美子, 梶原淳睦, 戸高尊, 岸玲子. 母体血PCB・dioxinと臍帯血IgEとの関連. 第83回日本衛生学会学術総会. 金沢市. 2013.3.24.-26.

小林祥子, 安住薫, 宮下ちひろ, 小林澄貴, 佐々木成子, 石塚真由美, 岸玲子. 環境化学物質の胎児期曝露が臍帯血IGF2 DNAメチル化に及ぼす影響. 第83回日本衛生学会学術総会. 金沢市. 2013.3.24.-26.

佐々木成子, 山本潤, 宮下ちひろ, 松村徹, 樫野いく子, 岡田恵美子, 小林澄貴, 伊藤久美子, 岸玲子. 生体試料中のビスフェノールA分析の検討. 第83回日本衛生学会学術総会. 金沢市. 2013.3.24.-26.

喜多歳子, 池野多美子, 中島そのみ, 小林澄貴, 岸玲子. 親の収入と42か月児の知的能力; 環境とこどもの健康に関する前向きコホート研究の結果. 第72回日本公衆衛生学会総会. 津市. 2013.10.23-25.

池野多美子, 小林澄貴, 喜多歳子, 中島そのみ, 岸玲子. 8歳の注意欠損多動性障害に関する要因-環境と子どもの健康に関する北海道スタディ-. 第72回日本公衆衛生学会総会. 津市. 2013.10.23-25.

池野多美子, 喜多歳子, 小林澄貴, 岸玲子. 妊婦葉酸値と8歳児ADHD関連症状との関係: 環境と子どもの健康に関する北海道スタディ. 第65回北海道公衆衛生学会. 札幌市. 2013.11.14-15.

喜多歳子, 池野多美子, 小林澄貴. 親の世帯収入と42か月児の問題行動―北海道スタディの結果から―. 第2回日本公衆衛生看護学会学術集会. 神奈川県小田原市. 2014.1.12-13.

小林澄貴, 佐々木成子, 佐田文宏, 宮下ちひろ, 池野多美子, 荒木敦子, 岸玲子. 妊婦の受動喫煙が児の出生時体格へ及ぼす影響:遺伝的なハイリスク群について-環境と子どもの健康に関する北海道スタディ-. 北海道小児保健研究会 平成26年度総会. 札幌市. 2014.05.24.

田村菜穂美, 伊藤久美子, 小林澄貴, 岡田恵美子, 喜多歳子, Houman Goudarzi, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 池野多美子, 岸玲子. 児の出生体重と母親の社会経済要因との関連についての疫学研究. 第84回日本衛生学会学術総会. 岡山市. 2014.5.26-28.

土川陽子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 堤裕幸, 遠藤俊明, 馬場剛, 小林正樹, 水上尚典, 有賀正, 野々村克也, 長和俊, 白石秀明, 千石一雄, 宮本敏伸, 東寛, 荒木敦子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 湊屋街子, 小林澄貴, 田村菜穂美, 岸玲子. 環境省「エコチル調査」開始3年を経ての集計データの報告と調査予定. 第44回北海道母性衛生学会学術講演会. 札幌市. 2014.9.21.

小林澄貴, 荒木敦子, 宮下ちひろ, 池野多美子, 伊藤佐智子, 伊藤久美子, Houman Goudarzi, 田村菜穂美, 岸玲子. 北海道における妊婦の職域における化学物質曝露・受動喫煙および飲酒習慣が児の出生時体格に及ぼす影響. 平成26年度日本産業衛生学会北海道地方会(第94回北海道医学大会産業衛生分科会). 札幌市. 2014.10.18.

小林澄貴, 佐々木成子, 佐田文宏, 宮下ちひろ, 池野多美子, 荒木敦子, 岸玲子. 胎児期の母の受動喫煙が児の出生時体格に及ぼす影響: 遺伝環境交互作用について. 第66回北海道公衆衛生学会. 札幌市. 2014.12.02.

宮下ちひろ, 金澤文子, 池野多美子, 荒木敦子, 伊藤佐智子, 小林澄貴, 湊屋街子, Houman Goudarzi, 小林祥子, 田村菜穂美, 水谷太, 苣木洋一, 岸玲子. 胎児期の有機塩素系農薬が小児アレルギー発症に与える影響. 第66回北海道公衆衛生学会. 札幌市. 2014.12.02.

湊屋街子, 西條泰明, 伊藤善也, 荒木敦子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 小林澄貴, 土川陽子, 田村菜穂美, 吉岡英治, 川西康之, 村林宏, 岸玲子, エコチル調査北海道ユニットセンター事務局. 北海道3地区における妊婦の食習慣・運動習慣の実態について: 環境省「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」北海道ユニットセンター登録者のデータから. 第66回北海道公衆衛生学会. 札幌市. 2014.12.02.

佐々木成子, リンパーマリコ, 佐田文宏, 小林澄貴, 岸玲子. 妊婦のカフェイン摂取とCYP1A2遺伝子多型による出生時体格への影響. 第85回日本衛生学会学術総会. 和歌山市. 2015.3.26-28.

小林澄貴, 宮下ちひろ, 佐々木成子, 荒木敦子, 佐田文宏, 坂晋, 梶原淳睦, 戸高尊, 岸玲子. ダイオキシン類曝露と胎児発育との関連: 遺伝的なリスクについて―北海道スタディ―. 第85回日本衛生学会学術総会. 和歌山市. 2015.3.26-28.

湊屋街子, 佐々木成子, 中島そのみ, 那須民江, 後藤裕子, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 小林澄貴, 池野多美子, 岸玲子. 胎児期MEHP曝露による神経行動発達への影響―北海道スタディ. 第85回日本衛生学会学術総会. 和歌山市. 2015.3.26-28.

ページ上にもどる