北海道大学環境健康科学研究教育センター

ENGLISHお問い合わせ・アクセス

Hokkaido University Center for Environmental and Health Sciences

准教授  荒木敦子

Pocket

arakie-mail:aaraki*cehs.hokudai.ac.jp
(*を半角@に変えて入力ください)

 

1.専門分野

疫学、公衆衛生学、室内空気質

 

2.出身地

東京都

 

3.学歴
2011年  北海道大学 大学院医学研究科 博士課程修了
(医学博士学位取得)

2008年  北海道大学 大学院医学研究科 修士課程修了
(医科学修士学位取得)

1992年  東京理科大学 基礎工学部 生物工学科卒業
(工学士)

 

4.職歴

2014年 4月:現職

2012年 4月:北海道大学 環境健康科学研究教育センター 特任講師

2011年 4月:北海道大学 環境健康科学研究教育センター 特任助教

2010年 7月:北海道大学 環境健康科学研究教育センター 学術研究員

2003年 1月:アロマセラピー講師

1992年 4月:万有製薬株式会社 つくば研究所

 

5.賞

2016年    北海道大学 WinGS Global Networking Award

2011年度   北海道公衆衛生協会賞

2010年度   北海道大学大塚賞

2009年    北海道大学 大学院医学研究科 医学部医学科
音羽博次奨学金

 

6.学会活動(主なもの)

・International Society for Environmental Epidemiology

・International Society of Exposure Science

・日本衛生学会

・日本産業衛生学会

・日本室内環境学会

・日本建築学会

・北海道公衆衛生学会

 

7.業績

◆学位論文

Effects of Microbial VOC exposure on inhabitants’ health (微生物由来MVOCの曝露と居住者の健康に関する研究)

 

◆Original Article w/peer

M. Minatoya, A. Araki, S. Nakajima, S. Sasaki, C. Miyashita, K. Yamazaki, J. Yamamoto, T. Matsumura, R. Kishi. Cord blood BPA level and child neurodevelopment and behavioral problems: The Hokkaido Study on Environment and Children’s Health. Sci Total Environ, 607-608, 351-356, 2017

M. Minatoya, S. Itoh, C. Miyashita, A. Araki, S. Sasaki, R. Miura, H. Goudarzi, Y. Iwasaki, R. Kishi. Association of prenatal exposure to perfluoroalkyl substances with cord blood adipokines and birth size: The Hokkaido Study on environment and children’s health. Environmental Research, 156: 175–182, 2017

H. Goudarzi, C. Miyashita, E. Okada, I. Kashino, C-J Chen, S. Ito, A. Araki, S. Kobayashi, H. Matsuura, R. Kishi; Prenatal Exposure to Perfluoroalkyl Acids and Prevalence of Infectious Diseases up to 4 Years of Age. Environment International, 104, 132-138, 2017

R. Kishi, A. Araki, M. Minatoya, T. Hanaoka, C. Miyashita, S. Itoh, S. Kobayashi, Y. Ait Bamai, K. Yamazaki, R. Miura, N. Tamura, K. Ito. H. Goudarzi; The Hokkaido birth cohort study on environment and children’s health: Cohort profile – updated 2017, Environmental Health and Preventive Medicine, 22-46,2017

S. Kobayashi, K. Azumi, H. Goudarzi, A. Araki, C. Miyashita, S. Kobayashi, S. Itoh, S. Sasaki, M. Ishizuka, H. Nakazawa, T. Ikeno, R. Kishi; Effects of prenatal perfluoroalkyl acid exposure on cord blood IGF2/H19 methylation and ponderal index: the Hokkaido study, Journal of Exposure Science and Environmental Epidemiology, 27, 251-259, 2017

A. Araki, T. Mitsui, H. Goudarzi, T. Nakajima, C. Miyashita, S. Itoh, S. Sasaki, K. Cho, K. Moriya, N. Shinohara, K. Nonomura, R. Kishi; Prenatal di(2-ethylhexyl) phthalate exposure and disruption of adrenal androgens and glucocorticoids levels in cord blood: The Hokkaido Study. Science of the Total Environment, vol.581-582: 297-304, 2017

S. Kobayashi, F. Sata, C. Miyashita, S. Sasaki, S. Ban, A. Araki, H. Goudarzi, J. Kajiwara, T. Todaka, R. Kishi; Dioxin-metabolizing genes in relation to effects of prenatal dioxin levels and reduced birth size: The Hokkaido Study. Reprod Toxicol, 67: 111-116, 2017

M. Minatoya, S. Itoh, A. Araki, N. Tamura, K. Yamazaki, S. Nishihara, C. Miyashita and R. Kishi, Associated factors of behavioural problems in children at preschool age: the Hokkaido study on environment and children’s health., Child: care health and development, 2016

M. Minatoya, A. Araki, C. Miyashita, S. Sasaki, Y. Goto, T. Nakajima, R. Kishi, Prenatal di-2-ethylhexyl phthalate exposure and cord blood adipokine levels and birth size: The Hokkaido study on environment and children’s health., Sci Total Environ. , 2016

Sumitaka Kobayashi, Fumihiro Sata, Seiko Sasaki, Titilola Serifat Braimoh, Atsuko Araki, Chihiro Miyashita, Houman Goudarzi, Sachiko Kobayashi,Reiko Kishi, Combined effects of AHR, CYP1A1, and XRCC1 genotypes and prenatalmaternal smoking on infant birth size: Biomarker assessment in theHokkaido Study, Reprod Toxicol., 65, 295-306, 2016

Yasuyuki Kawanishi, Yasuaki Saijo, Eiji Yoshioka, Yoshihiko Nakagi, Takahiko Yoshida, Toshinobu Miyamoto, Kazuo Sengoku, Yoshiya Ito, Chihiro Miyashita, Atsuko Araki, Reiko Kishi. The association between prenatal yoga and the administration of ritodrine hydrochloride during pregnancy: an adjunct study of the Japan Environment and Children’s Study, Plos One, 11(6): e0158155, 2016

Machiko Minatoya, Sonomi Nakajima, Seiko Sasaki, Atsuko Araki, Chihiro Miyashita, Tamiko Ikeno, Tamie Nakajima, Yuko Goto, Reiko Kishi; Effects of prenatal phthalate exposure on thyroid hormone levels, mental and psychomotor development of infants: The Hokkaido Study in Environment and Children’s Health. Science of the Total Environment, 565:1037-1043, 2016

Sachiko Itoh, Atsuko Araki, Takahiko Mitsui, Chihiro Miyashita, Houman Goudarzi, Seiko Sasaki, Kazutoshi Cho, Hiroyuki Nakazawa, Yusuke Iwasaki, Nobuo Shinohara, Katsuya Nonomura, Reiko Kishi; Association of perfluoroalkyl substances exposure in utero with reproductive hormone levels in cord blood in the Hokkaido Study on Environment and Children’s Health. Environmental International, 94:51-59, 2016

Mitsui T, Araki A, Goudarzi H, Miyashita C, Ito S, Sasaki S, Kitta T, Moriya K, Cho K, Morioka K, Kishi R, Shinohara N, Takeda M, Nonomura K; Effects of adrenal androgens during the prenatal period on the second to fourth digit ratio in school-aged children. Steroids, 113:46-51, 2016

Houman Goudarzi, Chihiro Miyashita, Emiko Okada, Ikuko Kashino, c, Sumitaka Kobayashi, Chi-Jen Chen, Sachiko Ito, Atsuko Araki, Hideyuki Matsuura, Yoichi M. Ito, Reiko Kishi; Effects of prenatal exposure to perfluoroalkyl acids on prevalence ofallergic diseases among 4-year-old children. Environment International, Volume 94, September 2016, Pages 124–132

Houman Goudarzi, Atsuko Araki, Sachiko Itoh, Seiko Sasaki, Chihiro Miyashita, Takahiko Mitsui, Hiroyuki Nakazawa, Katsuya Nonomura, and Reiko Kishi; The Association of Prenatal Exposure to Perfluorinated Chemicals with Glucocorticoid and Androgenic Hormones in Cord Blood Samples: The Hokkaido Study. Environ Health Perspect; DOI:10.1289/EHP142, 2016

Yila TA, Araki A, Sasaki S, Miyashita C, Itoh K, Ikeno T, Yoshioka E, Kobayashi S, Goudarzi H, Baba T, Braimoh T, Minakami H, Endo T,Sengoku K, Kishi R; Predictors of folate status among pregnant Japanese women: the Hokkaido Study on Environment and Children’s Health, 2002-2012. Br J Nutr. 115, 2227–2235, 2016

H. Goudarzi, S. Nakajima, T. Ikeno, S. Sasaki, S. Kobayashi, C. Miyashita, S. Ito, A. Araki, H. Nakazawa and R. Kishi; Prenatal exposure to perfluorinated chemicals and neurodevelopment in early infancy: The Hokkaido Study. Science of the total environment. 541:1002-10, 2016.

Mitsui, A. Araki, C. Miyashita, S. Ito, T. Ikeno, S. Sasaki, T. Kitta, K. Moriya, K. Cho, K. Morioka, R. Kishi, N. Shinohara, M. Takeda and K. Nonomura; The Relationship between the Second-to-Fourth Digit Ratio and Behavioral Sexual Dimorphism in School-Aged Children. PLOS ONE. 11 (1):e0146849, 2016.

Ait Bamai, A. Araki, T. Kawai, T. Tsuboi, E. Yoshioka, A. Kanazawa, S. Cong and R. Kishi;Comparisons of urinary phthalate metabolites and daily phthalate intakes among Japanese families. Int J Hyg Environ Health. 218 461-70, 2015.

Kishi, R., Nakajima, T., Goudarzi, H., Kobayashi, S.,  Sasaki, S.,  Okada, E., Miyashita, C., Itoh, S., Araki, A., Ikeno, T., Iwasaki, Y., Nakazawa, H;The Association of Prenatal Exposure to Perfluorinated Chemicals with Maternal Essential and Long Chain Polyunsaturated Fatty Acids during Pregnancy and the Birth Weight of their Offspring: The Hokkaido Study  Environ Health Perspect.2015

X. Jia, Y. Harada, M. Tagawa, H. Naito, Y. Hayashi, H. Yetti, M. Kato, S. Sasaki, A. Araki, C. Miyashita, T. Ikeno, R. Kishi and T. Nakajima; Prenatal maternal blood triglyceride and fatty acid levels in relation to exposure to di(2-ethylhexyl)phthalate: a cross-sectional study. Environmental Health and Preventive Medicine. 20 (3):168-78, 2015.

X. Jia, T. Tagawa, H. Yatsuya, H. Naito, Y. Hayashi, Y. Husna, S. Sasaki, A. Araki, C. Miyashita, T. Ikeno, R. Kishi and T. Nakajima; Association of maternal whole blood fatty acid status during the prenatal period with term birth dimensions: a cross-sectional study. Journal of Perinatal Medicine. 43 (5):565-75, 2015.

Mitsui, T., Araki, A.,Imai, A., Sato, S., Miyashita, C., Ito, S., Sasaki, S., Kitta, T., Moriya, K.,Cho, K., Morioka, K., Kishi, R., Nonomura, K.;Effects of prenatal leydig cell function on the ratio of the second to fourth digit lengths in school-aged children PLoS One. 10(3) :e0120636, 2015

C. Miyashita, S. Sasaki, T. Ikeno, A. Araki, S. Ito, J. Kajiwara, T. Todaka, N. Hachiya, A. Yasutake, K. Murata, T. Nakajima and R. Kishi; Effects of in utero exposure to polychlorinated biphenyls, methylmercury, and polyunsaturated fatty acids on birth size Sci Total Environ. 533 256-265, 2015.

Cong S., Araki A., Ukawa S., Ait Bamai Y., Tajima S., Kanazawa A., Yuasa M., Tamakoshi A., Kishi R.; Association of Mechanical Ventilation and Flue Use in Heaters With Asthma Symptoms in Japanese Schoolchildren: A Cross-Sectional Study in Sapporo, Japan. J Epidemiol. 24 (3):230-238, 2014.

Tajima S., Araki A., Kawai T., Tsuboi T., Ait Bamai Y., Yoshioka E., Kanazawa A., Cong S., Kishi R.; Detection and intake assessment of organophosphate flame retardants in house dust in Japanese dwellings. Sci Total Environ. 478C 190-199, 2014.

Ait Bamai Y., Araki A., Kawai T., Tsuboi T., Saito I., Yoshioka E., Kanazawa A., Tajima S., Cong S., Tamakoshi A., Kishi R.; Associations of phthalate concentrations in floor dust and multi-surface dust with the interior materials in Japanese dwellings. Sci Total Environ. 468-469 147-157, 2014.

Ait Bamai Y., Shibata E., Saito I., Araki A., Kanazawa A., Morimoto K., Nakayama K., Tanaka M., Takigawa T., Yoshimura T., Chikara H., Saijo Y., Kishi R.; Exposure to house dust phthalates in relation to asthma and allergies in both children and adults. Sci Total Environ. 485-486153-163, 2014.

Araki A., Saito I., Kanazawa A., Morimoto K., Nakayama K., Shibata E., Tanaka M., Takigawa T., Yoshimura T., Chikara H., Saijo Y., Kishi R.; Phosphorus flame retardants in indoor dust and their relation to asthma and allergies of inhabitants. Indoor Air. 24 (1):3-15, 2014.

A. Araki, T. Mitsui, C. Miyashita, T. Nakajima, H. Naito, S. Ito, S. Sasaki, K. Cho, T. Ikeno, K. Nonomura and R. Kishi; Association between Maternal Exposure to di(2-ethylhexyl) Phthalate and Reproductive Hormone Levels in Fetal Blood: The Hokkaido Study on Environment and Children’s Health  PLOS ONE. 9 e109039, 2014.

Kishi R., Kobayashi S., Ikeno T., Araki A., Miyashita C., Itoh S., Sasaki S., Okada E., Kobayashi S., Kashino I., Itoh K., Nakajima S., Health. The members of the Hokkaido Study on Environment and Children’s; Ten Years of Progress in the Hokkaido Birth Cohort Study on Environment and Children’s Health: Cohort Profile – Updated 2013. Environ Health Prev Med. 18 (6):429-450, 2013.

Ukawa S., Araki A., Kanazawa A., Yuasa M., Kishi R.; The relationship between atopic dermatitis and indoor environmental factors: a cross-sectional study among Japanese elementary school children. Int Arch Occup Environ Health. 86 (7):777-787, 2013.

Ukawa S., Satoh H., Yuasa M., Ikeno T., Kawabata T., Araki A., Yoshioka E., Murata W., Ikoma K., Kishi R.; A randomized controlled trial of a Functioning Improvement Tool home-visit program and its effect on cognitive function in older persons. Int J Geriatr Psychiatry. 27 (6):557-564, 2012.

Araki A., Watanabe K., Eitaki Y., Kawai T., Kishi R.; The feasibility of aromatherapy massage to reduce symptoms of Idiopathic Environmental Intolerance: a pilot study. Complement Ther Med. 20 (6):400-408, 2012.

Araki A., Tsuboi T., Kawai T., Bamai Y. A., Takeda T., Yoshioka E., Kishi R.; Validation of diffusive mini-samplers for aldehyde and VOC and its feasibility for measuring the exposure levels of elementary school children. J Environ Monit. 14 (2):368-374, 2012.

Araki A., Kanazawa A., Kawai T., Eitaki Y., Morimoto K., Nakayama K., Shibata E., Tanaka M., Takigawa T., Yoshimura T., Chikara H., Saijo Y., Kishi R.; The relationship between exposure to microbial volatile organic compound and allergy prevalence in single-family homes. Sci Total Environ. 423 18-26, 2012.

Saijo Y., Kanazawa A., Araki A., Morimoto K., Nakayama K., Takigawa T., Tanaka M., Shibata E., Yoshimura T., Chikara H., Kishi R.; Relationships between mite allergen levels, mold concentrations, and sick building syndrome symptoms in newly built dwellings in Japan. Indoor Air. 21 (3):253-263, 2011.

Kanazawa A., Saito I., Araki A., Takeda M., Ma M., Saijo Y., Kishi R.; Association between indoor exposure to semi-volatile organic compounds and building-related symptoms among the occupants of residential dwellings. Indoor Air. 20 (1):72-84, 2010.

Araki A., Kawai T., Eitaki Y., Kanazawa A., Morimoto K., Nakayama K., Shibata E., Tanaka M., Takigawa T., Yoshimura T., Chikara H., Saijo Y., Kishi R.; Relationship between selected indoor volatile organic compounds, so-called microbial VOC, and the prevalence of mucous membrane symptoms in single family homes. Sci Total Environ. 408 (10):2208-2215, 2010.

Takeda M., Saijo Y., Yuasa M., Kanazawa A., Araki A., Kishi R.; Relationship between sick building syndrome and indoor environmental factors in newly built Japanese dwellings. Int Arch Occup Environ Health. 82 (5):583-593, 2009.

Araki A., Eitaki Y., Kawai T., Kanazawa A., Takeda M., Kishi R.; Diffusive sampling and measurement of microbial volatile organic compounds in indoor air. Indoor Air. 19 (5):421-432, 2009.

Ohuchi T., Ikeda-Araki A., Watanabe-Sakamoto A., Kojiri K., Nagashima M., Okanishi M., Suda H.; Cloning and expression of a gene encoding N-glycosyltransferase (ngt) from Saccarothrix aerocolonigenes ATCC39243. J Antibiot (Tokyo). 53 (4):393-403, 2000.

Kojima S., Fushimi N., Ikeda A., Kumagai I., Miura K.; Secretory production of chicken ovomucoid domain 3 by Escherichia coli and alteration of inhibitory specificity toward proteases by substitution of the P1 site residue. Gene. 143 (2):239-243, 1994.

 

◆Conference Presentations

Atsuko Araki, Chihiro Miyashita, Takahiko Mitsui, Houman Goudarzi, Sachiko Itoh, Futoshi Mizutani, Youichi Chisaki, Seiko Sasaki, Kimihiko Moriya, Kazutoshi Cho, Nobuo Shinohara, Katsuya Nonomura, Reiko Hishi, Prenatal exposure to organochlorine pesticides and steroid hormones profiles in fetal blood-the Hokkaido Study, pptoxV, Kitakyuusyu, Japan, (2016.11.13-16)

Machiko Minatoya, Atsuko Araki, Chihiro Miyashita, Jun Yamamoto, Yu Onoda, Toru Matsumura, Reiko Kishi, Association between prenatal phthalates and BPA exposures and fatal adipokines and birth size: the Hokkaido Study on Environment and Children’s Health, pptoxV, Kitakyuusyu, Japan, (2016.11.13-16)

Atsuko Araki, Chihiro Miyashita, Sachiko Itoh, Takahiko Mitsui, Futoshi Mizutani,Yoichi Chisaki, Seiko Sasaki, Kazutoshi Cho, Katsuya Nonomura, Reiko Kishi; Prenatal exposure to organochlorine pesticides and reproductive hormones in fetal blood: The Hokkaido Study. ISEE 2016. Roma, Italy. (2016.9.1-9.4)

Atsuko Araki and Reiko Kishi; Prenatal Di(2-ethylhexyl)phthalate exposure and reproductive hormone in cord blood-The Hokkaido Study. ISEE-ISES AC2016. Sapporo, Japan. (2016.6.26-29)

S. Kobayashi, C. Miyashita, S. Sasaki, A. Araki, F. Sata, S. Ban, J. Kajiwara, T. Todaka and R. Kishi; Effects of maternal AHR, CYP1A1 and GSTM1 polymorphisms and dioxins on infant birth weight: The Hokkaido Study. ISEE 2015. San Paulo, Brazil. (2015.8.30-9.3)

M. Minatoya, S. Sasaki, A. Araki, C. Miyashita, J. Yamamoto, T. Matsumura and R. Kishi; Prenatal BPA exposure and cord blood adipokines, birth weight and child growth: the Hokkaido Study on Environment and Children’s health. ISEE 2015. San Paulo, Brazil. (2015.8.30-9.3)

H. Goudarzi; R. Kishi, T. Ikeno, S. Kobayashi, C. Miyashita, S. Ito and A. Araki; The Association of Prenatal Exposure to Perfluorinated Chemicals with Maternal Fatty Acids during Pregnancy and the Birth Weight of their Offspring: The Hokkaido Study. ISEE 2015. San Paulo, Brazil. (2015.8.30-9.3)

A. Araki, Y. Ait Bamai and R. Kishi; Allergic disease in relation to phthalates in house dust and urine. ISEE 2015. San Paulo, Brazil. (2015.8.30-9.3)

R. Kishi, A. Araki, C. Miyashita, S. Itoh, H. Goudarzi, S. Kobayashi; Prenatal PFAAs exposure cause various health outcomes on offspring; the Hokkaido study. COW2015. Copenhagen, Denmark. Disrupters. (2015.4.27-30)

Araki, A; The Hokkaido study on Environment and Children’s Health: Cohort profile and brief summary from findings of PFAAs exposure and various health outcomes, 2014 Conference of International Society for Environmental Epidemiology Asia Chapter,Shanghai, China (2014.11.29-12.02)

Minatoya M, Sasaki S, Nakajima S, Yamamoto J, Araki A, Ito S, Miyashita C, Matsumura T, Nonomura K, Mitsui T, Cho K, Kishi R., Prenatal bisphenol A exposure and birth outcomes: The Hokkaido Study, in 2014 Conference of International Society for Environmental Epidemiology Asia Chapter. 2014: Shanghai.China.(2014.11.29-12.02)

Goudarzi H., Ikeno T., Kobayashi S., Araki A., Miyashita C., Sasaki S., Nakajima S., Nakazawa H., Kishi R.; Exposure to perfluoroalkyl chemicals and neurodevelopment at 6 months of age. 26th Annual International Society for Environmental Epidemiology Conference – From Local to Global: Advancing Science for Policy in Environmental Health. Seattle, USA. (2014.08.24-28)

Ait Bamai Y., Shibata E., Saito I., Araki A., Kanazawa A., Morimoto K., Nakayama K., Tanaka M., Takigawa T., Yoshimura T., Chikara H., Saijo Y., Kishi R.; Exposure to house dust phthalates in relation to asthma and allergies in both children and adults. 26th Annual International Society for Environmental Epidemiology Conference – From Local to Global: Advancing Science for Policy in Environmental Health. Seattle, USA. (2014.08.24-28)

Araki A., Mitsui T., Miyashita C., Nakajima T., Nakazawa H., Sasaki S., Ikeno T., Cho K., Itoh S., Nonomura K., Kishi R.; Association between maternal exposure to di(2-ethylhexyl) phthalate and sex hormone levels in fetal blood. 26th Annual International Society for Environmental Epidemiology Conference – From Local to Global: Advancing Science for Policy in Environmental Health. Seattle, USA. (2014.08.24-28)

Kobayashi S., Azumi K., Sasaki S., Ishizuka M., Nakazawa H., Okada E., Kobayashi S., Goudarzi H., Itoh S., Miyashita C., Ikeno T., Araki A., Kishi R.; The effects of perfluoroalkyl acids (PFAAs) exposure in utero on IGF2/H19 DNA methylation in cord blood. 26th Annual International Society for Environmental Epidemiology Conference – From Local to Global: Advancing Science for Policy in Environmental Health. Seattle, USA. (2014.08.24-28)

Itoh S., Araki A., Miyashita C., Nakazawa H., Mitsui T., Cho K., Sasaki S., Ikeno T., Nonomura K., Kishi R.; Effect of PFOS and PFOA exposure in utero on reproductive hormones levels at birth. 26th Annual International Society for Environmental Epidemiology Conference – From Local to Global: Advancing Science for Policy in Environmental Health. Seattle, USA. (2014.08.24-28)

Sata F., Eto A., Araki A., Mitsui T., Kanatani Y., Kishi R., Nonomura K.; Associations between fetal genetic polymorphisms and cord blood sex hormone and protein levels. 26th Annual International Society for Environmental Epidemiology Conference – From Local to Global: Advancing Science for Policy in Environmental Health. Seattle, USA. (2014.08.24-28)

Araki A., Mitsui T., Miyashita C., Tagawa M., Nakajima T., Sasaki S., Ikeno T., Itoh S., Okada E., Cho K., Nonomura K., Kishi R.; Maternal exposure to dehp and sex hormone levels in cord blood. DOHaD2013-8th World Congress on DOHaD. Singapore. (2013.11.17-20)

Sata F., Eto A., Kanatani Y., Araki A., Mitsui T., Kishi R., Nonomura K.; Fetal genetic polymorphisms associated with estrogen levels and sex-hormone-binding globulin and fetal growth restriction. Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

Tsuboi T., Kawai T., Araki A., Ait Bamai Y., Kishi R.; Simultaneous analysis of phthalate and organophosphate triesters’ metabolites in urine -Exposure assessment to plastisizer and flame retardants. Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

Kashino I., Okada E., Sasaki S., Miyashita C., Ikeno T., Araki A., Yamamoto J., Matsuura H., Matsumura T., Tamakoshi A., Kishi R.; Prenatal Exposure to 11 Perfluorinated Compounds (PFCs) and infant weight in the Hokkaido Study on Environmental and Children’s Health. Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

Okada E., Kashino I., Sasaki S., Miyashita C., Ikeno T., Araki A., Yamamoto J., Matsuura H., Matsumura T., Tamakoshi A., Kishi R.; Relationship between prenatal exposure to perfluorinated compounds and allergic diseases in infants. Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

Eto A., Sata F., Kanatani Y., Araki A., Mitsui T., Kishi R.; Fetal genetic polymorphisms associated with estrogen levels and sex-hormone-binding globulin and anthropometric parameters in newborns. Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

Itoh S., Kajiwara J., Miyashita C., Kobayashi S., Sasaki S., Ban S., Ikeno T., Araki A., Kishi R.; The effects of hydroxylated PCBs in maternal serum on infant thyroid hormones. Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

Kawai T., Tsuboi T., Araki A., Ait Bamai Y., Tajima S., Cong S., Kishi R.; Biological monitoring of environments exposure to DEHP by urine analysis for 2-Ethyl-1-hexanol. Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

Araki A., Kawai T., Tsuboi T., Ait Bamai Y., Yoshioka E., Tajima S, Cong S., Ukawa S., Kishi R.; Phthalate metabolites in urine and their relation to asthma and allergy in school children -Exposure assessment to plasticizer and flame retardants (3). Environment and Health – Bridging South, North, East and West Conference of ISEE, ISES and ISIAQ. Basel, Switzerland. (2013.08.19-23)

Tsuboi T., Kawai T., Araki A., Ait Bamai Y., Kishi R.; Determination of Human urinary metabolites of five phthalate by gas chromatography-mass spectrometry -Exposure assessment to plasticizer and flame retardants and their risk on children (1)-. ISES 22nd Annual Meeting. Seattle, USA. (2012.10.28-11.01)

Kishi R., Araki A., Saito I., Shibata E., Kanazawa A., Morimoto K., Nakayama K., Tanaka M., Takigawa T., Yoshimura T., Chikara H., Saijo Y.; Phthalate in house dust and its relation to sick building syndrome and allergic symptoms. 30th Congress of the International Commission on Occupational Health (ICOH) Cancun, Mexico. (2012.03.18-23)

Kawai T., Tsuboi T., Araki A., Ait Bamai Y., Kishi R.; Phthalic anhydride as a marker of total uptake of phthalate diesters -Exposure assessment to plasticizer and flame retardants and their risk on children (2)-. ISES 22nd Annual Meeting. Seattle, USA. (2012.10.28-11.01)

Araki A., Miyashita C., Ikeno T., Sasaki S., Okada E., Ait Bamai Y., Tajima S, Cong Shi, Ukawa S., Kawai T., Tsuboi T., Kishi R; Research plan for 7-year old survey of the Hokkaido Study. BiCCA2012. Taipei, Taiwan. (2012.11.17-22)

Araki A., Kawai T., Tsuboi T., Ait Bamai Y., Takeda T., Yoshioka E., Shuji T, Ukawa S., Cong Shi, Kishi R.; Determination of Phthalate Metabolites in Urine of Children and Their Family-Exposure Assessment to Plasticizer and Flame Retardants and Their Risk on Children (3)-. ISES 22nd Annual Meeting. Seattle, USA. (2012.10.28-11.01)

Araki A., Takeda T., Kanazawa A., Saito I., Morimoto K., Nakayama K., Shibata E., Tanaka M., Takigawa T., Yoshimura T., Chikara H., Saijo Y., Kishi R.; Organophosphate triesters in house dust and its relation to allergic symptoms. ISEE2011: The 23rd International Society for Environmental Epidemiology. Barcerona, Spain. (2011.09.13-16)

Araki A., Kawai T., Tsuboi T., Ait Bamai Y., Takeda T., Yoshioka E., Kishi R.; Validation and feasibility study of the developed small diffusive samplers for aldehyde and VOC in elementary school children. AIRMON2011:7th International Symposium on Modern Principles for Air Monitoring and Biomonitoring. Loen, Norway. (2011.06.19-23)

Araki A., Kawai T., Eitaki Y., Kanazawa A., Morimoto K., Nakayama K., Shibata E., Tanaka M., Takigawa T., Yoshimura T., Chikara H., Saijo Y., KIshi R.; Prevalence of Asthma, Atopic Dermatitis and Rhinitis and MVOC Exposure in Single Family Homes -A Survey in Six Cities of Japan. ISES-ISEE 2010: Joint Conference of ISEE 22nd & 20th ISES. Seoul, Korea. (2010.08.28-9.1)

Araki A., Watanabe K., Eitaki Y., Kawai T., Kishi K.; Aromatherapy massage benefit patient with idiopathic environmental intolerance in short term mood changes: A pilot study. 10th International Congress of Behavioral Medicine. Tokyo, Japan. (2008.08.26-30)

 

◆原著論文、総説

荒木敦子, 尾西奈江, 中瀬督久, 伊藤善也, 西條泰明, 池野多美子, 安住薫, 土川陽子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 岸玲子, エコチル調査北海道ユニットセンター事務局; 北海道における環境省「エコチル調査」に関する意識調査と広報活動の課題. 北海道公衆衛生学雑誌. 26 (2):125-132, 2012.

荒木敦子, 金澤文子, 西條泰明, 岸玲子; 札幌市戸建住宅における3年の室内環境とシックハウス症候群有訴の変化. 日本衛生学雑誌. 66 (3):589-599, 2011.

竹田 智哉, 荒木 敦子, アイツバマイ ゆふ, 斎藤 育江, 早川 敦司, 吉岡 英治, 金澤 文子, 湯浅 資之, 岸 玲子; 小学生のシックハウス症候群の有訴と自宅の床ダスト中有機リン酸トリエステル類濃度との関連. 北海道公衆衛生学雑誌. 24 (2):73-84, 2010.

 

◆著書

荒木敦子, 岸玲子. “5.4.8 室内空気質による健康障害” 産業安全保健ハンドブック. 小木和孝(編集代表), 圓藤吟史, 大久保利晃, 岸玲子, 河野啓子, 酒井一博, 櫻井治彦, 名古屋俊士, 山田誠二(編). 労働科学研究所出版部 2013, pp.844-847.

 

◆解説、その他

岸玲子, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 環境化学物質の次世代影響に関する出生コホート研究:環境と子どもの健康に関する北海道スタディの成果と課題, アンチ・エイジング医学, 12(2), 067-076, 2016.

宮下ちひろ, 伊藤久美子, 荒木敦子, 岸玲子, 【講座 子どもを取り巻く環境と健康】第18回 葉酸摂取の胎児発育や先天異常、生後アレルギーへの影響, 公衆衛生, 80(8), 615-621, 2016.

池野多美子、西條泰明、伊藤善也、川西康之、吉岡英治、村林宏、堤裕幸、有賀正、長和俊、白石秀明、東寛、荒木敦子、宮下ちひろ、伊藤佐智子、湊屋街子、小林澄貴、西原進吉、山﨑圭子、岸玲子;「環境省エコチル調査」開始4年後を経ての集計データ:1歳までの発達を中心に.平成27年度北海道小児保健研究会会誌

荒木敦子、伊藤佐智子、岸玲子;【講座 子どもを取り巻く環境と健康】第13回環境化学物質曝露による内分泌系への影響(2)性ホルモン.公衆衛生.80(3):221-227,2016.

荒木敦子, アイツバマイゆふ, 岸玲子; 【講座 子どもを取り巻く環境と健康】第10回 乳幼児のアレルギーと胎児期・小児期の可塑剤・難燃剤曝露. 公衆衛生. 79. 876-881, 2015.

土川陽子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 堤裕幸, 遠藤俊明, 馬場剛, 小林正樹, 水上尚典, 有賀正, 長和俊, 白石秀明, 千石一雄, 宮本敏伸, 東寛, 荒木敦子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 岸玲子; 環境省「エコチル調査」開始3年を経ての集計データの報告と調査予定.北海道母性衛生学会誌.44:25-30, 2015.

三井貴彦, 武田正之, 篠原信雄, 野々村克也, 荒木敦子, 岸玲子; 環境化学物質がホルモン環境および身体的変化に与える影響について. Endcrine Disrupter News Letter. 18(1) 6, 2015.

荒木敦子, 宮下ちひろ, 岸玲子; 胎児期の有機フッ素化合物曝露による児の健康への影響. Endcrine Disrupter News Letter. 18(1) 5, 2015.

荒木敦子, アイツバマイゆふ , 岸玲子; 【講座 子どもを取り巻く環境と健康】第10回 乳幼児のアレルギーと胎児期・小児期の可塑剤・難燃剤曝露. 公衆衛生. 79 (12):876-881, 2015.

荒木敦子, アイツバマイゆふ, 岸玲子; 【講座 子供を取り巻く環境と健康】短半減期化学物質の曝露実態. 公衆衛生. 79 485-490, 2015.

湊屋街子, 西條泰明, 伊藤善也, 荒木敦子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 小林澄貴, 土川陽子, 田村菜穂美, 吉岡英治, 川西康之, 村林宏, 岸玲子, エコチル調査北海道ユニットセンター事務局; 北海道3地区における妊婦の食習慣・運動習慣の実態について:環境省「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」北海道ユニットセンター登録者のデータから. 北海道公衆衛生学雑誌. 28, 57, 2014,

荒木敦子, アイツバマイゆふ, 岸玲子; 環境汚染とアレルギーに関する疫学的知見-特に室内空気質に焦点をあてて-. アレルギー. 63 1075-1084, 2014.

荒木敦子, アイツバマイゆふ, 岸玲子; 住環境におけるフタル酸エステル類・リン酸トリエステル類の曝露実態と居住者への健康影響. 空気清浄. 52 170-177, 2014

土川陽子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 堤裕幸, 遠藤俊明, 馬場剛, 小林正樹, 水上尚典, 有賀正, 野々村克也, 長和俊, 白石秀明, 千石一雄, 宮本敏伸, 東寛, 池野多美子, 荒木敦子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 岸玲子; 環境省「エコチル調査」開始2年の報告と今後の調査について. 北海道母性衛生学会誌. 43 37-42, 2014.

岸玲子, 荒木敦子; アジア出生コーホートコンソーシアム(Birth Cohort Consortium of Asia: BiCCA)の設立と現在の取り組みについて. 北海道公衆衛生学雑誌. 27 (2):191-195, 2013.

荒木敦子, 岸玲子; 【化学物質過敏症問題の現状と今後の課題を考える】 いわゆる化学物質過敏症 その国際的動向とアロマテラピーを使った緩和研究. Aroma Research. 14 (2):111-115, 2013.

鵜川重和, 荒木敦子, 金澤文子, 湯浅資之, 岸玲子; 札幌市の小学生4,500名を対象とした住環境とアトピー性皮膚炎に関する調査. 北海道医学雑誌. 88 (2-3):95, 2013.

アイツバマイゆふ, 荒木敦子, 河合俊夫, 坪井樹, 斎藤育江, 吉岡英治, 金澤文子, 多島秀司, 叢石, 玉腰暁子, 岸玲子; ハウスダスト中フタル酸エステルと住環境との関連. 北海道医学雑誌. 88 (6):198, 2013.

荒木敦子, 金澤文子, 河合俊夫, 永滝陽子, 森本兼曩, 中山邦夫, 柴田英治, 田中正敏, 瀧川智子, 吉村健清, 力寿雄, 西條泰明, 岸玲子; 戸建て住宅における微生物由来揮発性有機化合物曝露と居住者のアレルギーとの関連. 北海道医学雑誌. 87 (6):286, 2012.

アイツバマイゆふ, 荒木敦子, 岸玲子; 室内空気質中フタル酸エステル類曝露とアレルギーへの影響. Endocrine Disrupter News Letter. 15 (1):2, 2012.

荒木敦子, 金澤文子, 西條泰明, 岸玲子; 札幌市戸建住宅における3年の室内環境とシックハウス症候群有訴の変化. 北海道公衆衛生学雑誌. 25 (2):34-36, 2011.

岸玲子, 荒木敦子; シックハウス症候群に関する研究の現状と今後の課題(特集 環境リスク) 公衆衛生. 74 (4):295-299, 2010.

山下京子, 荒木敦子, 水野信太郎, 岸玲子; 【特集:シックハウスと寒冷地】I.北海道における寒冷地住宅の建築学的特徴. ビルと環境. 125 4-10, 2009.

荒木敦子, 西條泰明, 森本兼曩, 中山邦夫, 瀧川智子, 田中正敏, 吉村健清, 力久雄, 岸玲子; 【特集:シックハウスと寒冷地】III.住宅の環境測定結果からみた北海道の住宅と本州地域の比較. ビルと環境. 125 17-22, 2009.

岸玲子, 竹田誠, 金澤文子, 荒木敦子; シックハウス症候群の疫学 -最近の知見-. 日本医事新報. (4370):73-76, 2008.

 

◆学会発表(国内)

荒木敦子,アイツバマイゆふ,岸玲子;「室内環境中のハウスダストによる健康影響」,第87回日本衛生学会シンポジウム9「住環境における健康リスク要因とそのマネジメント(連携研究会:環境リスク研究会)」, 宮崎, (2017.3-26-28.)

アイツバマイゆふ,宮下ちひろ,荒木敦子,湊屋街子,山本潤,松村徹,佐々木成子,岸玲子,「胎児期BPA曝露による7歳までの喘息・アトピー性皮膚炎への影響:北海道スタディ」,第87回日本衛生学会, 宮崎, (2017.3-26-28.)

M. Minatoya, S. Itoh, C. Miyashita, A. Araki, S. Sasaki, Y. Iwasaki, R. Kishi. Association of prenatal exposure to perfluoroalkyl substances with cord blood adipokines: The Hokkaido Study on Environment and Children’s Health, 第87回日本衛生学会, 宮崎, (2017.3-26-28.)

荒木敦子、西條泰明、アイツバマイゆふ、湊屋街子、吉野博、東賢一、河合俊夫、大和浩、大澤元毅、柴田英治 、田中正敏、増地あゆみ、岸玲子, 「産業衛生の現場で役立つ「シックハウス症候群に関する相談マニュアル改訂新版」の作成」, 第96回 北海道医学大会 産業衛生分科会, 北海道, 札幌市, (2016.10.22)

荒木敦子、アイツバマイゆふ、西條泰明、湊屋街子、吉野博、東賢一、河合俊夫、大和浩、大澤元毅、柴田英治 、田中正敏、増地あゆみ、岸玲子, 「シックハウス症候群に関する相談マニュアル改訂新版」の作成‐公衆衛生分野での活用に向けて‐, 第68回 北海道公衆衛生学会, 北海道、札幌市, (2016.10.1)

Rahel M. KETEMA, Ait Bamai Yu, Araki Atsuko, Kawai Toshio, Tuboi Tazuru, Yoshioka Eiji, Takeshi Saito, Kishi Reiko, Association of phthalates in house dust in relation to Sick House Syndrome (SHS) among Sapporo residents, 第68回 北海道公衆衛生学会, 北海道、札幌市, (2016.10.1)

荒木敦子, ホウマヌグウダルジ, 三井貴彦, 那須民江, 宮下ちひろ,  伊藤佐智子,  佐々木成子, 長和俊, 野々村克也,  岸玲子; DEHP曝露による胎生期ステロイドホルモンプロファイルへの影響-北海道スタディ- 第86回日本衛生学会学術総会.旭川市. (2016.05.11-13)

湊屋街子, 佐々木成子, 中島そのみ, 山本潤, 松村徹, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 岸玲子, 臍帯血中ビスフェノールA濃度と子どもの行動発達:北海道スタディ, 第86回日本衛生学会, 北海道、旭川, (2016.5.11-13.)

山崎圭子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 荒木敦子, 小林祥子, 水谷太, 苣木洋一, 岸玲子, 胎児期の有機塩素系農薬曝露が母児の甲状腺ホルモンに及ぼす影響-北海道スタディ, 第86回日本衛生学会, 北海道、旭川市, (2016.5.11-13.)

アイツバマイゆふ, 荒木敦子, 乃村俊史, 河合俊夫, 坪井樹, 叢石, 宮下ちひろ, 池野多美子, 清水宏,岸玲子, FLG変異とフタル酸エステル曝露による児のアトピー性皮膚炎への影響:北海道スタディ, 第86回日本衛生学会学術総会, 北海道、旭川, (2016.5.11-13.)

小林澄貴, 佐田文宏, 佐々木成子, T. S. Braimoh, 荒木敦子, 宮下ちひろ, H. Goudarzi, 小林祥子, 岸玲子, 母の喫煙曝露と胎児発育との関連:遺伝的なハイリスクについて-北海道スタディ, 第86回日本衛生学会学術総会, 北海道、旭川市, (2016.5.11-13)

川西康之、西條泰明, 伊藤善也、中木良彦、吉岡英治,伊藤俊弘、吉田貴彦、宮本敏伸、千石一雄、東寛、土川陽子、宮下ちひろ、荒木敦子、岸玲子;エコチル調査北海道ユニットセンター旭川サブユニット参加者における母体基本属性および周産期転帰と、その全国データとの比較.第67回北海道公衆衛生学会.旭川(2015.11.21)

アイツバマイ ゆふ、西條泰明、伊藤善也、村林宏、吉岡英治、川西康之、水上尚典、有賀正、長和俊、白石秀明、千石一雄、宮本敏信、東寛、堤裕幸、遠藤俊明、馬場剛、小林正樹、荒木敦子、池野多美子、宮下ちひろ、伊藤佐智子、土川陽子、湊屋街子、小林澄貴、山﨑圭子、西原進吉、田村菜穂美、岸玲子;北海道のエコチル調査の集計結果:生後2歳までの食物アレルギーの頻度および食品の摂食状況について.第67回北海道公衆衛生学会.旭川(2015.11.21)

小林澄貴, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 池野多美子, 伊藤佐智子, H. Goudarzi, 花岡知之, 岸玲子; 妊娠初期における就労女性の有害物質の取扱いが児の流・死産に及ぼす影響. 第67回北海道公衆衛生学会. 旭川. (2015.11.22)

湊屋街子, 佐々木成子, 荒木敦子, 宮下ちひろ, 山本潤, 松村徹, 岸玲子; 胎児期ビスフェノールA曝露による臍帯血中のアディポカイン、出生体重、子どもの体重への影響:北海道スタディ. 第67回北海道公衆衛生学会. 旭川. (2015.11.21)

H. Goudarzi, S. Kobayashi, C. Chen, A. Araki, C. Miyashita, S. Ito and R. Kishi; Effects of prenatal exposure to perfluoroalkyl acids on risk of allergic diseases at 4 years old children: The Hokkaido Study. 北海道公衆衛生学会. 旭川. (2015.11.21)

小林澄貴, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 池野多美子, 伊藤佐智子, H. Goudarzi, 花岡知之, 岸玲子; 妊娠初期における北海道内女性労働者の記述疫学的考察. 第95回北海道医学大会(平成27年度日本産業衛生学会北海道地方会). 旭川. (2015.10.17)

土川陽子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 堤裕幸, 遠藤俊明, 馬場剛, 小林正樹, 水上尚典, 有賀正, 長和俊, 白石秀明, 千石一雄, 宮本敏伸, 東寛, 荒木敦子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 湊屋街子, 小林澄貴, アイツバマイゆふ, 山崎圭子, 西原進吉, 田村菜穂美, 岸玲子; 環境省「エコチル調査」開始4年を経ての集計結果の報告~全国と北海道の参加者の喫煙・食物アレルギー等について~. 第45回北海道母性衛生学会学術講演会. 札幌. (2015.9.26)

小林祥子, 三浦りゅう, 川口章夫, 宮下ちひろ, 三宅邦夫, 松村徹, 山本潤, 石塚真由美, 荒木敦子, 久保田健夫, 岸玲子; 胎児期ビスフェノールA曝露影響に関する臍帯血DNA網羅的メチル化解析̶—北海道スタディ. 第4回日本DOHaD研究学術集会. 東京. (2015.8.1-2)

アイツバマイ ゆふ、西條泰明、伊藤善也、吉岡英治、川西康之、堤裕幸、遠藤俊明、馬場剛、小林正樹、水上尚典、有賀正、長和俊、白石秀明、千石一雄、宮本敏伸、東 寛、荒木敦子、池野多美子、宮下ちひろ、伊藤佐智子、土川陽子、湊屋街子、小林澄貴、山﨑圭子、西原進吉、田村奈穂美、岸玲子;北海道のエコチル調査の集計結果:生後2歳までの食物アレルギーの頻度および食品の摂食状況について.第13回北海道周産期談話会.札幌.( 2015.08.01)

池野多美子, 西條泰明, 伊藤善也, 川西康之, 吉岡英治, 村林宏, 堤裕幸, 有賀正, 長和俊, 白石秀明, 東寛, 荒木敦子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 湊屋街子, 小林澄貴, 西原進吉, 山崎圭子, 岸玲子; 「環境省エコチル調査」開始4年を経ての集計データ:1歳までの発達を中心に. 北海道小児保健研究会 平成27年度総会. 札幌. (2015.5.23)

小林澄貴, 宮下ちひろ, 佐々木成子, 荒木敦子, 佐田文宏, 板晋, 梶原淳睦, 戸高尊, 岸玲子; ダイオキシン類曝露と胎児発育との関連:遺伝的なリスクについて―北海道スタディ―, 第85回日本衛生学会学術総会.和歌山. (2015.03.26-28)

山崎圭子, 宮下ちひろ, 中島そのみ, 池野多美子, 荒木敦子, 伊藤佐智子, 小林祥子, 水谷太, 苣木洋一, 岸玲子; 胎児期の有機塩素系農薬曝露が6か月・18か月児の精神運動発達に及ぼす影響-北海道スタディ. 第85回日本衛生学会学術総会.和歌山. (2015.03.26-28)

田村菜穂 美, 伊藤久美子, 花岡知之, 喜多歳子, 西原進吉, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 小笠原克彦, 岸玲子; 児の出生体重と母親の社会経済要因との関連についての疫学研究―北海道スタディ.第85回日本衛生学会学術総会.和歌山. (2015.03.26-28)

荒木敦子, 宮下ちひろ, 金澤文子, 伊藤佐智子, 三井貴彦, 佐々木成子, 水谷太, 苣木洋一, 野々村克也,  岸玲子; 有機塩素系農薬への胎児期曝露による児の性ホルモン濃度への影響-北海道スタディ- 第85回日本衛生学会学術総会.和歌山. (2015.03.26-28)

小林祥子, 安住薫, 佐々木成子, 松村徹, 山本潤, 石塚真由美, 宮下ちひろ, 池野多美子, 荒木敦子, 岸玲子; 臍帯⾎血ビスフェノールA 濃度と児のIGF2 DNA メチル化との関連―北海道スタディ. 第85回日本衛生学会学術総会. 和歌山. (2015.3.26-28)

宮下ちひろ, 金澤文子, 佐々木成子, 池野多美子, 荒木敦子, 伊藤佐智子, 小林祥子, 水谷太, 苣木洋一, 岸玲子; 有機塩素系農薬が乳幼児の免疫に与える影響―環境と子どもの健康北海道スタディー. 第85回日本衛生学会学術総会. 和歌山. (2015.3.26-28)

荒木敦子, 宮下ちひろ, 金澤文子, 伊藤佐智子, 三井貴彦, 佐々木成子, 水谷太, 苣木洋一, 野々村克也, 岸玲子; 有機塩素系農薬への胎児期曝露による児の性ホルモン濃度への影響-北海道スタディ-. 第85回日本衛生学会学術総会. 和歌山. (2015.3.26-28)

湊屋街子,佐々木成子, 中島そのみ, 那 須民江, 後藤裕子, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 小林澄貴, 池野多美子, 岸玲子; 胎児期MEHP曝露による神経行動発達への影響ー北海道スタ ディー, 第85回日本衛生学会学術総会.和歌山. (2015.03.26-28)

荒木敦子, 伊藤善也, 西條泰明, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 土川陽子, 田村菜穂美, 湊屋街子, 吉岡英治, 川西康之, 村林宏, 岸玲子; 環境省「エコチル調査」北海道ユニットセンターにおけるこれまでの活動報告Japan Environment and Children’s Study (JECS) : progress report of the Hokkaido Unit Center. 環境ホルモン学会第17回研究会. 東京. (2014.12.9-10)

梶原淳睦, 戸高尊, 平川博仙, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 佐々木成子, 荒木敦子, 岸玲子; さい帯血と血液のダイオキシン及びPCB類の組成比較Comparison of disxins and PCBs in umbilical cord blood and blood. 環境ホルモン学会第17回研究会. 東京. (2014.12.9-10)

小林澄貴, 佐々木成子, 佐田文宏, 宮下ちひろ, 池野多美子, 荒木敦子, 岸玲子; 胎児期の母の受動喫煙が児の出生時体格に及ぼす影響: 遺伝環境交互作用について. 第66回北海道公衆衛生学会. 札幌市. (2014.12. 02.)

湊屋街子, 西條泰明, 伊藤善也, 荒木敦子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 小林澄貴, 土川陽子, 田村菜穂美, 吉岡英治, 川西康之, 村林宏, 岸玲子, エコチル調査北海道ユニットセンター事務局; 北海道3地区における妊婦の食習慣・運動習慣の実態について:環境省「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」北海道ユニットセンター登録者のデータから. 第66回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2014.12.2)

宮下ちひろ, 金澤文子, 池野多美子, 荒木敦子, 伊藤佐智子, 小林澄貴, 湊屋街子, H. Goudarzi, 小林祥子, 田村菜穂美, 水谷太, 苣木洋一, 岸玲子; 胎児期の有機塩素系農薬が小児アレルギー発症に与える影響-環境と子どもの健康北海道スタディ-. 第66回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2014.12.2)

土川陽子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 堤裕幸, 遠藤俊明, 馬場剛, 小林正樹, 水上尚典, 有賀正, 長和俊, 白石秀明, 千石一雄, 宮本敏伸, 東寛, 荒木敦子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 岸玲子; 環境省「エコチル調査」開始3年を経ての集計データの報告と調査予定. 第44回北海道母性衛生学会学術講演会. 札幌. (2014.9.2)

土川陽子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 堤裕幸, 遠藤俊明, 馬場剛, 小林正樹, 水上尚典, 有賀正, 野々村克也, 長和俊, 白石秀明, 千石一雄, 宮本敏伸, 東寛, 荒木敦子, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 岸玲子; 環境省 「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)開始三年の進捗報告と今後の調査予定について. 第12回北海道周産期談話会. 札幌. (2014.8.9)

伊藤佐智子, 荒木敦子, 宮下ちひろ, 中澤裕之, 三井貴彦, 長和俊, 佐々木成子, 池野多美子, 野々村克也, 岸玲子; PFOS. PFOAの胎児期曝露が与える児の出生時性ホルモン濃度への影響. 第84回 日本衛生学会学術総会. 岡山. (2014.05.25-27)

荒木敦子, 岸玲子; フタル酸エステル類の胎児期曝露による次世代影響に関する疫学研究. 第84回 日本衛生学会学術総会. 岡山. (2014.05.25-27)

荒木敦子, 三井貴彦, 宮下ちひろ, 那須民江, 伊藤佐智子, 佐々木成子, 長和俊, 池野多美子, 野々村克也, 岸玲子; DEHPへの胎児期曝露による児の性ホルモン濃度への影響. 第84回 日本衛生学会学術総会. 岡山. (2014.05.25-27)

佐々木成子, 山本潤, 荒木敦子, 伊藤佐智子, 宮下ちひろ, 三井貴彦, 長和俊, 野々村克也, 松村徹, 岸玲子; 胎児期ビスフェノールA曝露による臍帯血中性ホルモン濃度への影響. 第84回 日本衛生学会学術総会. 岡山. (2014.05.25-27)

田村菜穂美, 伊藤久美子, 小林澄貴, 岡田恵美子, 喜多歳子, Goudarzi Houman, 宮下ちひろ, 荒木敦子, 池野多美子, 岸玲子; 児の出生体重と母親の社会経済要因との関連についての疫学研究. 第84回 日本衛生学会学術総会. 岡山. (2014.05.25-27)

小林澄貴, 佐々木成子, 佐田文宏, 宮下ちひろ, 池野多美子, 荒木敦子, 岸玲子; 妊婦の受動喫煙が児の出生時体格へ及ぼす影響:遺伝的なハイリスク群について-環境と子どもの健康に関する北海道スタディ-. 北海道小児保健研究会 平成26年度総会. 札幌. (2014.05.24)

池野多美子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 村林宏, 堤裕幸, 有賀正, 長和俊, 白石秀明, 東寛, 荒木敦子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 土川陽子, 田村菜穂美, 岸玲子; 環境省エコチル調査北海道地区の状況と妊婦の喫煙について. 北海道小児保健研究会 平成26年度総会. 札幌. (2014.05.24)

アイツバマイゆふ, 荒木敦子, 河合俊夫, 坪井樹, 多島秀司, 叢石, 湯浅資之, 金澤文子, 玉腰暁子, 岸玲子; 尿中フタル酸代謝物濃度とハウスダスト中フタル酸エステル濃度との関連:札幌市児童における調査. 第65回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2013.11.14-15)

荒木敦子, 西條泰明, 伊藤善也, 池野多美子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 土川陽子, 吉岡英治, 川西康之, 村林宏, 岸玲子; 北海道3地区における妊婦の喫煙率および喫煙開始年齢について(環境省「子どもの環境と健康に関する全国調査(エコチル調査)」より). 第65回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2013.11.14-15)

叢石, 荒木敦子, 鵜川重和, アイツバマイゆふ, 多島秀司, 金澤文子, 湯浅資之, 玉腰暁子, 岸玲子; 札幌市内小学生の自宅における暖房、および機械換気の有無と児童の喘息. 第65回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2013.11.14-15)

多島秀司, 荒木敦子, 河合俊夫, 坪井樹, アイツバマイゆふ, 叢石, 吉岡英治, 岸玲子; 札幌市128軒のハウスダスト中リン酸トリエステル類濃度と小学生のアレルギー疾患との関連. 第65回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2013.11.14-15)

土川陽子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 堤裕幸, 遠藤俊明, 馬場剛, 小林正樹, 水上尚典, 有賀正, 野々村克也, 長和俊, 白石秀明, 千石一雄, 宮本敏伸, 東寛, 池野多美子, 荒木敦子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 岸玲子; 環境省「子どもの健康と環境に関する全国調査」(エコチル調査)開始2年の報告と今後の調査. 第43回北海道母性衛生学会学術集会. 札幌. (2013.09.14)

土川陽子, 西條泰明, 伊藤善也, 吉岡英治, 川西康之, 堤裕幸, 遠藤俊明, 馬場剛, 小林正樹, 水上尚典, 有賀正, 野々村克也, 長和俊, 白石秀明, 千石一雄, 宮本敏伸, 東寛, 池野多美子, 荒木敦子, 宮下ちひろ, 伊藤佐智子, 岸玲子; 環境省「子どもの健康と環境に関する全国調査」(エコチル調査)開始2年の報告と今後の調査について. 第11回 北海道周産期談話会. 札幌. (2013.08.17)

河合俊夫, 坪井樹, 荒木敦子, アイツバマイゆふ, 岸玲子; GC/MSによるヒ卜の尿中2-エチルヘキサノールの定量―フタル酸ジエステル類評価としての無水フタル酸:可塑剤・難燃剤曝露と小児の健康影響. 第86回日本産業衛生学会. 松山. (2013.05.14-17)

アイツバマイゆふ, 荒木敦子, 坪井樹, 河合俊夫, 多島秀司, 叢石, 吉岡英治, 玉腰暁子, 岸玲子; アレルギーとダスト中フタル酸エステル濃度:可塑剤、難燃剤の小児の健康影響3. 第83回日本衛生学会学術総会. 金沢. (2013.03.24-26)

河合俊夫, 坪井樹, 荒木敦子, アイツバマイゆふ, 岸玲子; フタル酸ジエステル類評価としての無水フタル酸:可塑剤、難燃剤の小児への健康影響2. 第83回日本衛生学会学術総会. 金沢. (2013.03.24-26)

荒木敦子, 坪井樹, 河合俊夫, アイツバマイゆふ, 多島秀司, 叢石, 鵜川重和, 吉岡英治, 岸玲子; 児童の尿中フタル酸代謝物濃度とアレルギー:可塑剤、難燃剤の小児への健康影響4. 第83回日本衛生学会学術総会. 金沢. (2013.03.24-26)

坪井樹, 河合俊夫, 荒木敦子, アイツバマイゆふ, 岸玲子; フタル酸エステル尿中代謝物の同時測定方法の開発:可塑剤、難燃剤の小児の健康影響1. 第83回日本衛生学会学術総会. 金沢. (2013.03.24-26)

河合俊夫, 坪井樹, 荒木敦子, アイツバマイゆふ, 岸玲子; 可塑剤・難燃剤の曝露評価手法の開発と小児アレルギー・リスク評価への応用 尿中2-エチル-1-ヘキサノールの分析方法と測定事例. 第52回近畿産業衛生学会. 和歌山. (2012.11.17)

荒木敦子, 尾西奈江, 中瀬督久, 岸玲子, エコチル調査北海道ユニットセンター事務局; 環境省「エコチル調査」に関する意識調査と広報活動の課題. 第64回北海道公衆衛生学会. 札幌市. (2012.11.08)

多島秀司, 荒木敦子, 坪井樹, 河合俊夫, 斎藤育江, アイツバマイゆふ, 竹田智哉, 鵜川重和, 吉岡英治, 岸玲子; ハウスダスト中に含まれるリン酸トリエステル類の濃度と住居環境. 第64回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2012.11.08)

多島秀司, 荒木敦子, 坪井樹, 河合俊夫, アイツバマイゆふ, 吉岡英治, 岸玲子; 小型携帯サンプラーによる個人を対象とした化学物質の曝露測定について-小学生個人を対象とした測定事例の紹介. 第92回北海道医学大会 産業衛生分科会. 札幌市. (2012.10.27)

鵜川重和, 荒木敦子, 金澤文子, 湯浅資之, 吉岡英治, 岸玲子; 札幌市の小学生4500名を対象とした住環境と喘息、アトピー性皮膚炎に関する調査. 第71回日本公衆衛生学会総会. 山口. (2012.10.24-26)

荒木敦子, アイツバマイゆふ, 河合俊夫, 坪井樹, 竹田智哉, 多島秀司, 鵜川重和, 叢石, 吉岡英治, 岸玲子; 札幌市小学生の喘息・鼻結膜炎有訴と自宅環境および気中VOC・MVOC濃度. 第82回日本衛生学会学術総会. 京都. (2012.03.24-26)

荒木敦子, 西條泰明, 田中正敏, 瀧川智子, 吉村健清, 森本兼曩, 柴田英治, 河合俊夫, 斎藤育江, 岸玲子; 室内空気質連携研究会:シックハウス症候群に関する全国規模の疫学研究-化学物質、湿度環境、生物学的要因-. 第82回日本衛生学会学術総会. 京都. (2012.03.24-26)

多島秀司, 荒木敦子, 斎藤育江, 河合俊夫, 坪井樹, アイツバマイゆふ, 竹田智哉, 吉岡英治, 鵜川重和, 岸玲子; 小学生のシックハウス症候群の有訴と床ダスト中有機リン酸トリエステル類濃度との関係. 第82回日本衛生学会学術総会. 京都. (2012.03.24-26)

田川雅大, 内藤久雄, 林由美, 川野愛子, 佐々木成子, 荒木敦子, 小林澄貴, 岸玲子; ヒトの出産前後における血液DEHP代謝物濃度の解析. 第82回日本衛生学会学術総会. 京都. (2012.03.24-26)

鵜川重和, 荒木敦子, 金澤文子, 湯浅資之, アイツバマイゆふ, 吉岡英治, 叢石, 多島秀司, 岸玲子; 自宅住環境とアトピー性皮膚炎に関する調査-札幌市の小学生4,500名を対象として-. 第63回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2011.11.10-11)

荒木敦子, アイツバマイゆふ, 坪井樹, 河合俊夫, 竹田智哉, 早川敦司, 吉岡英治, 多島秀司, 叢石, 鵜川重和, 岸玲子; 2009-2010札幌地区 自宅空気中化学物質濃度とシックハウス症候群に関する調査研究-札幌市小学生を対象として-. 第63回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2011.11.10-11)

叢石, 荒木敦子, アイツバマイゆふ, 竹田智哉, 早川敦司, 吉岡英治, 多島秀司, 鵜川重和, 岸玲子; 2009-2010札幌地区 小学生の住宅おけるハウスダスト中のエンドトキシンならびにbeta-グルカン量と住宅特徴に関する調査. 第63回北海道公衆衛生学会. 札幌. (2011.11.10-11)

河合俊夫, 坪井樹, 乾谷正樹, 荒木敦子, 岸玲子, 住野公昭; シックハウス症状解明のための超小型、軽量、拡散型サンプラーの開発-アルデヒド測定用サンプラー. 第84回日本産業衛生学会. 東京. (2011.05.18-20)

坪井樹, 河合俊夫, 乾谷正樹, 荒木敦子, 大前和幸, 住野公昭, 岸玲子; シックハウス症状解明のための超小型、軽量、拡散型サンプラーの開発-VOC測定用サンプラー. 第84回日本産業衛生学会. 東京. (2011.05.18-20)

岸玲子, 荒木敦子; シンポジウム3(室内空気質連携研究会):シックハウス症候群に関する全国疫学研究(その全体像と何がわかったか). 第81回日本衛生学会学術総会. 東京. (2011.03.25-28)

荒木敦子, アイツバマイゆふ, 竹田智也, 河合俊夫, 坪井樹, 早川敦司, 吉岡英治, 岸玲子; 札幌市小学生のシックハウス症候群有訴と自宅の気中化学物質濃度. 第81回日本衛生学会学術総会. 東京. (2011.03.25-28)

荒木敦子, 岸玲子; 連携研究会6(室内空気質連携研究会):微生物由来VOCによる室内空気室汚染の実情と健康影響. 第81回日本衛生学会学術総会. 東京. (2011.03.25-28)

竹田智哉, 荒木敦子, 斎藤育江, アイツバマイゆふ, 早川敦司, 吉岡英治, 岸玲子; 小学生のシックハウス症候群と住環境に関する研究(1)住宅特徴および床ダスト中リン酸トリエステル類濃度. 第62回北海道公衆衛生学会. 旭川. (2010.09.18)

アイトバマイゆふ, 荒木敦子, 斎藤育江, 竹田智哉, 早川敦司, 吉岡英治, 岸玲子; 小学生のシックハウス症候群と住環境に関する研究(2)ダスト中フタル酸エステル類濃度との関連. 第62回北海道公衆衛生学会. 旭川. (2010.09.18)

坪井樹, 永滝陽子, 河合俊夫, 住野公昭, 荒木敦子, 大前和幸, 岸玲子; 室内環境汚染物質51物質の分析・測定技術. 第83回日本産業衛生学会. 福井. (2010.05.26-28)

アイトバマイゆふ, 荒木敦子, 西條泰明, 森本兼曩, 中山邦夫, 瀧川智子, 田中正敏, 柴田英治, 吉村健清, 力寿雄, 岸玲子; 喫煙者の有無別にみた室内環境化学物質濃度とシックハウス症候群の自覚症状. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台. (2010.05.09-11)

2009年度室内環境学会総会(大阪:2009年12月13-15日) ○荒木敦子、湯浅資之、金澤文子、岸玲子「札幌市小学生を対象としたシックハウス症候群の症状別有訴率と関連要因に関する調査」

2009年度室内環境学会総会(大阪:2009年12月13-15日) 斎藤育江、金澤文子、荒木敦子、森本兼曩、中山邦夫、柴田英治、田中正敏、瀧川智子、吉村健清、力寿雄、栗田雅行、小縣昭夫、岸玲子「住宅室内ハウスダスト中の可塑剤、難燃剤濃度」

2009年度室内環境学会総会(大阪:2009年12月13-15日) 竹田智哉、荒木敦子、金澤文子、斎藤育江、栗田雅行、小縣昭夫、森本兼曩、中山邦夫、柴田英治、田中正敏、瀧川智子、吉村健清、力寿雄、岸玲子「ハウスダスト中有機リン酸トリエステルとシックハウス症候群との関連に関する調査」

第13回日本統合医学会(東京:2009年11月21-22日) ○荒木敦子、渡辺一彦、岸玲子「アロマセラピーによる化学物質過敏症の症状緩和(予備研究)」 第61回北海道公衆衛生学会(札幌:2009年11月12-13日) ○荒木敦子、湯浅資之、金澤文子、岸玲子「札幌市小学生を対象としたシックハウス症候群の有訴率と関連要因に関する調査」

第79回日本衛生学会学術総会(東京:2009年3月29日-4月1日) ○荒木敦子、河合俊夫、永滝陽子、竹田誠、金澤文子、森本兼曩、中山邦夫、柴田英治、田中正敏、瀧川智子、吉村健清、力寿雄、岸玲子「全国6地域の一般住宅におけるシックハウス症候群の実態と原因の解明-第5報 室内空気中Microbial VOC類の濃度と症状との関係-」

第78回日本衛生学会学術総会(熊本:2008年3月28-31日) ○荒木敦子、河合俊夫、永滝陽子、竹田誠、金澤文子、森本兼曩、中山邦夫、柴田英治、田中正敏、瀧川智子、吉村健清、力寿雄、岸玲子「全国6地域の一般住宅におけるシックハウス症候群の実態と原因の解明-第4報 室内空気中Microbial VOC類の濃度と住環境との関係-」

第78回日本衛生学会学術総会(熊本:2008年3月28-31日) 金澤文子、斎藤育江、荒木敦子、竹田誠、矢口久美子、岸玲子「札幌市一般住宅におけるフタルさんエステル、リン酸トリエステルによる室内汚染-実態解明とシックハウス症候群との関連-」

第60回北海道公衆衛生学会(札幌:2008年11月13-14日) ○荒木敦子、金澤文子、竹田誠、西條泰明、岸玲子「札幌市新築戸建て住居における3年間の室内環境変化」

第77回日本衛生学会学術総会(大阪:2007年3月25-28日) 岸玲子、西條泰明、○荒木敦子、田中正敏、柴田英治、森本兼曩、中山邦夫、瀧川智子、吉村健清、力久雄「全国6地域の一般住宅におけるシックハウス症候群の実態と原因の解明-第3報 戸建て住宅の室内環境要因と症状の地域差-」

第77回日本衛生学会学術総会(大阪:2007年3月25-28日) 金澤文子、斎藤育江、竹田誠、荒木敦子、馬明月、瀬戸博、岸玲子「札幌市一般住宅におけるフタル酸エステル、リン酸トリエステル、殺虫剤による室内汚染の実態」

 

◆講演

A. Araki and R. Kishi;The Hokkaido study on Children’s Environment and Health: Sapporo cohort and Hokkaido large-scale cohort, The 3rd International Symposium on Environmental Health Environmental health now – what are the big questions?, Seoul National University, Korea (2017.2.13-15)

A. Araki and R. Kishi; The Hokkaido Birth Cohort Study on Environment and Children’s Health and a brief introduction of Japan Environment and Children’s Study(JECS). 6th Annual Conference of Panel Study on Korean Children. Seoul, Korea (2015.12.4)

荒木敦子; 有機フッ素化合物曝露とこどもの健康 -子どもの健康と環境に関する北海道研究-(Perfluoroalkyl acid exposure and children’s health: The Hokkaido Study on Environment and Child Health). SW2013国際シンポジウム サステナブルで安心な社会の構築へ向けて : 予防原則という考え方 (Towards a Safe and Sustainable Society : Applicability of the Precautionary Perspective). 札幌. (2013.11.05)

荒木敦子; 北海道の室内環境と健康. 市民講演会「スウェーデンに学ぶ、室内環境と健康」. 札幌. (2011.03.02)

荒木敦子; 子どもの健康はおうちの健康から. 市民公開講演会「みんなで考えよう-身近な環境と子どもの健康」. 札幌. (2010.10.24)

第82回日本衛生学会(京都:2012年3月24-26日)○荒木敦子、西條泰明、田中正敏、瀧川智子、吉村健清、森本兼曩、柴田英治、河合俊夫、斎藤育江、岸玲子「(室内空気質連携研究会)シックハウス症候群に関する全国規模の疫学研究-化学物質、湿度環境、生物学的要因-」

第80回日本衛生学会学術総会(東京:2011年3月25日-28日予定) 荒木敦子、岸玲子「連携研究会:微生物由来VOCによる室内空気室汚染の実情と健康影響」

第32回日本死の臨床研究会(札幌:2008年10月4-5日) 荒木敦子(川島朗「ミニワークショップ 心身相関系代替医療によるアプローチ‐ヒーリング、アロマセラピー、ホメオパシー、バッチフラワーエッセンス-」のアロマセラピーを担当)

 

8.その他の活動

・ IFA、ITECアロマセラピスト

  ・(社)日本アロマ環境協会認定インストラクター、NARDアロマテラピーアドバイザー

ページ上にもどる