北海道大学環境健康科学研究教育センター

ENGLISHお問い合わせ・アクセス

Hokkaido University Center for Environmental and Health Sciences

著書

Pocket

研究業績に戻る

◇ 2020

[Editor] Kishi R., Norback D., Araki A., Indoor Environmental Quality and Health Risk toward Healthier Environment for All. Springer Singapore

Kishi R., Araki A., Chapter 1 Importance of Indoor Environmental Quality on Human Health toward Achievement of the SDGs. Indoor Environmental Quality and Health Risk toward Healthier Environment for All. Springer Singapore,

Araki A., Mesfin R. K., Ait Bamai Y., Kishi R., Chapter 7 Aldehydes, volatile organic compounds (VOCs), and health., Indoor Environmental Quality and Health Risk toward Healthier Environment for All. Springer Singapore,

 

◇ 2019

Kishi R., Araki A., Miyashita C., Kobayashi S., Miura R., Minatoya M., ‘Chapter 9 The Hokkaido Study on Environment and Children’s Health’ , in F Sata (et al.) (Eds.), Pre-emptive Medicine: Public Health Aspects of Developmental Origins of Health and Disease. Springer, pp145-163 (2019)

 

◇ 2018

岸玲子,荒木敦子; 3部1章A 子どもの発達と健康に影響を与える環境要因, 監修:岸玲子,編集:小泉昭夫,馬場園明,今中雄一,武林亨,NEW予防医学・公衆衛生学改訂第4版, 南江堂 106-109 (2018.11.30) 【教科書】

 

◇ 2016

岸-金堂玲子;健康・安全で働ぎ甲斐のある職場をつくる-日本学術会議の提言を実効あるものに.ミネルヴァ書房, 2016.

 

◇ 2013

荒木敦子,岸玲子;“5.4.8 室内空気質による健康障害” 産業安全保健ハンドブック. 小木和孝(編集代表), 圓藤吟史, 大久保利晃, 岸玲子, 河野啓子, 酒井一博, 櫻井治彦, 名古屋俊士, 山田誠二(編). 労働科学研究所出版部 2013, pp.844-847.

岸玲子;“5.4.6 職場における神経障害” 産業安全保健ハンドブック. 小木和孝(編集代表), 圓藤吟史, 大久保利晃, 岸玲子, 河野啓子, 酒井一博, 櫻井治彦, 名古屋俊士, 山田誠二(編). 労働科学研究所出版部 2013, pp.836-839.

岸玲子;“1.1.2 就業構造および労働態様と働く人の安全衛生” 産業安全保健ハンドブック. 小木和孝(編集代表), 圓藤吟史, 大久保利晃, 岸玲子, 河野啓子, 酒井一博, 櫻井治彦, 名古屋俊士, 山田誠二(編). 労働科学研究所出版部 2013, pp.4-5.

岸玲子;“市民協力による環境疫学研究ーわが国で初の本格的出生コーホート研究の経験から学ぶ-” 地球社会の環境ビジョン-これからの環境学- (日学新書3) [新書]. 毛利 衛, 進士五十八(編). 財団法人 日本学術協力財団 2013, pp.80-91.

ページ上にもどる