北海道大学環境健康科学研究教育センター

ENGLISHお問い合わせ・アクセス

Hokkaido University Center for Environmental and Health Sciences

著書

Pocket

研究業績に戻る

◇ 2019

R Kishi, A Araki, C Miyashita, S Kobayashi, R Miura, M Minatoya ‘Chapter 9 The Hokkaido Study on Environment and Children’s Health’ , in F Sata (et al.) (Eds.), Pre-emptive Medicine: Public Health Aspects of Developmental Origins of Health and Disease. Springer, pp145-163 (2019)

 

◇ 2018

岸玲子, 荒木敦子. 3部1章A 子どもの発達と健康に影響を与える環境要因, 監修:岸玲子, 編集:小泉昭夫, 馬場園明, 今中雄一, 武林亨, NEW予防医学・公衆衛生学改訂第4版, 南江堂 106-109 (2018.11.30) 【教科書】

 

◇ 2016

岸-金堂玲子, 健康・安全で働ぎ甲斐のある職場をつくる-日本学術会議の提言を実効あるものに, ミネルヴァ書房, 2016.

 

◇ 2013

荒木敦子, 岸玲子. “5.4.8 室内空気質による健康障害” 産業安全保健ハンドブック. 小木和孝(編集代表), 圓藤吟史, 大久保利晃, 岸玲子, 河野啓子, 酒井一博, 櫻井治彦, 名古屋俊士, 山田誠二(編). 労働科学研究所出版部 2013, pp.844-847.

岸玲子. “5.4.6 職場における神経障害” 産業安全保健ハンドブック. 小木和孝(編集代表), 圓藤吟史, 大久保利晃, 岸玲子, 河野啓子, 酒井一博, 櫻井治彦, 名古屋俊士, 山田誠二(編). 労働科学研究所出版部 2013, pp.836-839.

岸玲子. “1.1.2 就業構造および労働態様と働く人の安全衛生” 産業安全保健ハンドブック. 小木和孝(編集代表), 圓藤吟史, 大久保利晃, 岸玲子, 河野啓子, 酒井一博, 櫻井治彦, 名古屋俊士, 山田誠二(編). 労働科学研究所出版部 2013, pp.4-5.

岸玲子. “市民協力による環境疫学研究ーわが国で初の本格的出生コーホート研究の経験から学ぶ-” 地球社会の環境ビジョン-これからの環境学- (日学新書3) [新書]. 毛利 衛, 進士五十八(編). 財団法人 日本学術協力財団 2013, pp.80-91.

ページ上にもどる