北海道大学環境健康科学研究教育センター

ENGLISHお問い合わせ・アクセス

Hokkaido University Center for Environmental and Health Sciences

北海道スタディ

Pocket

環境と子どもの健康に関する 北海道研究【北海道スタディ】(通称:モニタリング調査・環境ホルモン調査)の概要

2001年から 「環境と子どもの健康に関する北海道研究(以下北海道スタディ)」を立ち上げ、約15年間調査を行なってきました。そして、この調査の実績は、環境省「エ コチル調査」の先駆け的なモデル研究として評価されています。これは、子どもの健康に対する環境要因の影響を調査する必要性の高まりと、これまで日本では 胎児期の化学物質等の曝露にスポットを当てて出生前から追跡をした研究が、ほとんどなかったことから始められた研究です。

▲詳しくは、北海道スタディWEBサイトへ   banner_hstudy

 

ページ上にもどる