急性中耳炎 について

Pocket

急性中耳炎

急性中耳炎は、乳幼児期に多い病気で、風邪症状に続いて、突然の激しい耳の痛み、発熱、夜泣き、耳だれ、耳鳴り、耳が詰まった感じなどが起こります。
言葉で伝えられない乳幼児では、耳によく手をやる、耳を触ると嫌がる、機嫌が悪くぐずったりします。

急性中耳炎はどうして起こるの?

多くは風邪をひいたときに、鼻やのどに炎症を起こした細菌やウイルスが耳管(じかん)を通って中耳に入ることで中耳炎を発症します。こどもに多く見られる原因は、
(1)子どもの耳管(じかん)は大人にくらべて太く、短く、さらに角度が水平に近いのでのどや鼻にいる細菌やウイルスが中耳に侵入しやすい、
(2)全身の抵抗力やのど・鼻の粘膜の抵抗力が未熟なため、かぜをひきやすい、などの理由があります。

治療について

急性中耳炎の症状が見られたら耳鼻科医(小児科医)の診察を受けてください。鼓膜の診察が必要です。抗生物質、消炎剤、鎮痛剤にて治療し、安静を保ちます。膿(うみ)がたまって鼓膜のはれがひどく痛みが強いときや、熱が高いときは鼓膜切開(こまくせっかい)し、たまっている膿(うみ)を出すこともあります。途中で治療をやめてしまうと、再発を繰り返したり(反復性中耳炎)、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)や慢性中耳炎に移行してしまうことがありますので完全に治ったといわれるまで、きちんと治療をうけて下さい。

日常生活での注意点

鼻は片方ずつゆっくりとかむようにしてください。急にかむと細菌を耳の中におしこんでしまします。また赤ちゃんにミルクを飲ませるときはできるだけ頭を起こして飲ませてください。寝かせて飲ませると中耳にミルクが入りやすくなり、中耳炎を起こすことがあります。プールに関しては主治医の許可があるまでやめましょう。

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)とは、中耳腔(ちゅうじくう)に滲出液(しんしゅつえき)という液体がたまる病気です。一番多いのは急性中耳炎が治りきらない場合です。自覚症状は少なく、つよい痛みや発熱はともなわないのですが、軽度~中等度の難聴が見られることがあります。(軽度のため気づくのが遅れることがあります。)
日常生活ではテレビのボリュームを上げる、呼んでも返事をしない、聞き返しが多いなどの症状で難聴が疑われます。一部ですが、あとで入院手術が必要になる真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)になってしまうこともあります。滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)の治療は耳鼻科にてきちんと受けてください

慢性中耳炎

慢性中耳炎には二つのタイプがあり、一つは慢性化膿性中耳炎(まんせいかのうせいちゅうじえん)とよばれるもので、急性中耳炎が治らずに、鼓膜に穴が開いたままになり、耳だれ(耳漏)をくりかえすものです。再発を防止するためには、鼓膜の穴をふさぐなどの手術が必要になります。もう一つは真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)とよばれるもので、周囲の骨をこわして進行します。治療はほとんどの場合、手術が必要です。

参考文献
小児疾患診療のための病態生理1 2002 Vol.34増刊号(東京医学社)
小児疾患の治療診断基準 2001 Vol.33増刊号(東京医学社)
小児科診療、小児の治療指針 2002 Vol.65増刊号(診断と治療社)
イラストによるお母さんへの病気の説明と小児の診療 解説編第2版(南山堂)