子宮頸がんワクチンについて

Pocket

子宮頸がんとは
子宮は皆さんがご存じのように女性にしかない特別な臓器のひとつです。子宮頸がんにかかったら自分の命はもちろんのこと、妊娠の
可能性まで奪ってしまう、人生に大きな影響を及ぼす病です。
子宮の入口は子宮頸部(けいぶ)といいます。また、子宮の奥の方には子宮体部(たいぶ)があり、ここは赤ちゃんが育つとこ
ろです。「子宮がん」には、子宮頸部に発症する「子宮頸がん」と子宮体部に発症する「子宮体がん」の全く異なる2つの病気があります。「子
宮体がん」は、女性ホルモンが関係しているといわれている病気で、50歳以上の女性に多いがんです。これに対して「子宮頸がん」は、発
がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因で、20代~30代の若い女性に多いがんです。日本では、毎年約
15,000人の女性が子宮頸がんと診断され、そのうち約3,500人がこの病気で大事な命を落としているのです。

卵管01

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)とは?
ヒトパピローマウイルス(HPV)は皮膚や粘膜にイボを作るウイルスで、100種類以上のタイプ(型)があります。子宮頸がんの原因と
なるがん化するタイプは、発がん性HPVと呼ばれ、性交渉でよく感染します。中でも、HPV 16型とHPV 18型の2種類は、子宮頸がんを
発症している20代~30代の日本人女性の約70%~80%から見つかっているという報告もあります。

どんな人が子宮頸がんになりやすい?
HPVは、性行動が活発となる10代後半から20代の性交開始後、数年以内に感染することが多く、すべての女性の約80%が一生に一度
は感染しているといわれるほど、とてもありふれたウイルスです。しかしほとんどの場合、症状がなくHPV感染の90%はウイルスが自然
に排除され症状が出ることはありません。皆さんは「がん」と聞くと、家族や親戚にがんになった人がいるとなりやすいというイメージが
あるかもしれませんが、子宮頸がんは遺伝などに全く関係なく、性交経験(一回でも)がある女性なら誰でもなりうる病気なのです。

子宮頸がん予防ワクチンとは
子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの多くの原因となるHPV16 型とHPV 18 型の感染を防ぐため
です。海外ではすでに100ヶ国以上で接種され、日本では2009年12月22日より一般の医療機関で接種することが可能となりました。
何歳で子宮頸がんワクチンを受けるべき?
子宮頸がん予防ワクチンは、性交渉経験前の女子に接種するのが最も効果的と考えられているため、日本では11歳~14歳の女子への
接種を推奨しています。しかし、性交渉経験がある14歳以上の女性でも、ワクチンの効果がないというわけではありません。なぜなら、HPVは麻疹
(はしか)や風疹(ふうしん)と違って一度感染しても抗体(体に入ってきたウイルスを攻撃する物質)を作りにくいため、機会があれば何度でも感
染を繰り返すからです。再感染予防という点から、大人の女性でも接種する意義は十分あるといわれています。

  • 接種方法
    上腕の筋肉に、初回・1ヶ月後・6ヶ月後の3回接種が必要です。ワクチンは、3回接種しないと十分な予防効果がないとされ、半年間に3
    回のワクチン接種をすることで、長期にわたって体を守ることが出来ます。
  • 子宮頸がん予防ワクチンの安全性
    ワクチン(予防接種)とは、病気の原因となる毒性を無くした、あるいは弱めた細菌やウイルスなどをあらかじめ接種しておき、病気を
    防ぐ方法です。子宮頸がん予防ワクチンに含まれるウイルスは「偽のウイルス」のため、接種してもHPVに感染することはありません。ま
    た、現在日本で使われている子宮頸がん予防ワクチン「サーバリックス」は臨床試験というテストでその効果と安全性が確認されてから
    人への使用が認められています。
  • 子宮頸がん予防ワクチンの副作用
    子宮頸がん予防接種は筋肉注射で行うため、注射した部分が痛ん
    だり、痒みを感じることがあり、注射当日よりも翌日に強い場合が多
    いです。注射をした部分が赤く腫れたりすることもありますが、数日
    で治ります。接種した翌日の行動予定(部活・テストなど)を考えてワ
    クチン接種を受ける日を決めるのが良いでしょう。

子宮頸がん予防ワクチンの費用
1回の接種で約1万5千円。3回接種が必要なので、診察料を合わせて約5万円かかる場合が多いです。しかし、平成23年から北海道内の
多くの自治体で中学1年生~高校1年生までの女子は無料対象となります。各自治体によって異なるので、皆さんが住んでいる町の保健
所にお問い合わせください。
子宮頸がん予防ワクチン接種後の子宮頸がん検診は必要?
子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因の多くを占めるHPV 16型とHPV 18型の感染を防ぐことができますが、全ての発
がん性HPVの感染を防ぐことができるわけではありません。また、このワクチンは今すでに感染しているHPVを排除したり、すでに起
こっている子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。そのため、子宮頸がんを
完全に防ぐためには、子宮頸がん予防ワクチンの接種だけではなく、定期的に(2年に1度)子宮頸がん検診を受けることが大切です。

もっと知りたい方は
PCAF(ピーキャフ)(代表:北海道大学病院婦人科教授 櫻木範明)のホームページを是非ご覧ください。PCAFは、特に若い世代に増えて
いる子宮頸がんについての啓発を目的として活動しています。
一般社団法人 ピーキャフ・PCAF URL:http: //www.pcaf.jp/