妊娠中のお母様の血液中「有機フッ素化合物濃度」

Pocket

有機フッ素化合物(PFOS、PFOA、PFNA、PFDA、PFTrDAなど)は、撥水剤として衣類や建材、表面コーティング剤などに使用されている合成化学物質です。動物やヒトの生体内で蓄積するため、健康への影響が心配されています。2009年には、世界的な条約である「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」でPFOSが規制され、日本でも2010年に「化学物質審査規制法 第一種特定化学物質(今ははっきりしなくとも、毒性が明らかになるまでの間も法的に監視される物質)」に指定されました。

北海道スタディでは、妊娠中の血液中有機フッ素化合物の濃度を調べました。すると、札幌市の妊婦さんの血中有機フッ素化合物濃度は、国内・海外のデータと比べて低いことがわかりました(図1)。

地図

図1 地域別の血中有機フッ素化合物平均濃度

さらに、2003~2011年の妊婦さんの血中濃度から経年的な変化を調べたところ、世界的に大規模な規制対策が講じられているPFOSとPFOAの血液中濃度は減少していることがわかりました(図2)。一方で、PFDAとPFNAの濃度は経年して上昇していました(図3)。

 

図2

図2 血液中PFOS/PFOA濃度は低減

 

図3

図3 血液中PFNA/PFDA濃度は上昇

有機フッ素化合物は化学構造の炭素鎖の長さで物質が異なりますが、炭素鎖がより長い物質の濃度が上昇しており、今後の人体への蓄積が危惧されます。

 

表1

表1 有機フッ素化合物の分類と炭素鎖数一覧

次に、出産時にいただいたへその緒の血液(臍帯(さいたい)血(けつ))中の免疫抗体E(IgE(アイジーイー))濃度との関連を調べました。IgE(アイジーイー)はアレルギー疾患を持つ人の血中で濃度が上昇する物質です。その結果、妊娠中のお母様の血液中PFOA濃度が高いと、女の子のみで臍帯血中IgE(アイジーイー)濃度が低いことがわかりました。

また、妊娠中の血液中有機フッ素化合物の濃度と、お子様が2歳のときにいただいたアンケート集計によるアレルギー症状との関連を調べました。その結果、お母様の血液中PFTrDA濃度が高い程、2歳の子どもの「湿疹に

なるリスク」が低くなり、この傾向は女の子で強いことがわかりました。

これらの結果から、妊娠中の有機フッ素化合物のばく露が子どもの免疫応答機能を低下させているのではないか、と懸念されます。

(Okada et al., Environ Res 2012., Okada et al., Environ Int 2013., Okada et al., Environ Int 2014.)