お子様にあった靴の選び方

Pocket

歩き出すお子様のために

子どもは2歳ぐらいから走り出すようになり、行動範囲がグンと広がります。お子様のために靴を選ぶ際、参考にして下さい。

子どもの足

子どもの足と大人の足は、全く違うことをご存知ですか?その特徴は主に3点。
・かかとが小さく、つま先が広がった扇形。
・土踏まずが未完成。
・骨と骨の間が開いており、関節が柔らかい。

子どもの足は次のように成長していきます

3ヶ月
足のほとんどが軟骨です。骨どうしの噛み合わせも未完成。

1歳
土踏まずはほとんどありません。O脚気味の歩き方が特徴です。足裏全体で着地しやすい、かかとの安定しやすい靴、素材がやわらかく足の負担になりにくい靴がおすすめです。

3歳
土踏まずはあっても、ごく低い段階です。はだし感覚で足指が使いやすく、そりが良い靴を選びましょう。
6歳
土踏まずがほとんど完成します。歩き方も大人同様になります。クッション性が良い靴を選びましょう。

足の骨の成長

靴選びのポイント

○つま先部分は適度な余裕。
足と靴のかかとをきちんとあわせた状態で、5本の指が動かせる程度が目安です。
○かかと部分はぴったりフィット。
ゆるすぎず、きつすぎず、かかとのカーブにフィットするものを選びましょう。
○しっかり、しなやかな靴底
足の動きに合わせて靴も動いてくれるので、歩くときに疲れません。

靴選びの注意

○靴を選ぶ際には、素足の状態で選びましょう。
足の形や発育状況は個人差があり、同じサイズの足でも、肉付きのよい子にはきつく、やせ気味の子にはゆるくて脱げやすいということがよくあります。
○年に1~2回ほど靴を買い替えましょう。
幼児の足は、1年間で0.5~1.5cmの成長がみられることがあります。靴が履きにくいと子どもは靴を履きたくなくなり、外へ出て遊びたがらなくなります。また、靴が傷みやすくなり、足にも負担がかかるようになります。かかとの痛みや靴ズレ、皮膚炎などのトラブルが起こりやすくなるので、注意して下さい。
○脱ぎやすい靴を選びましょう。
2歳ぐらいから、子どもは自意識が芽生え、自分で靴を脱いだり履いたりしたがるようになります。

足の病気

サイズが合わない靴を履くと歩き方に影響を与え、健康な足の成長を妨げることになります。また、靴が小さすぎると指の関節が曲がったり、靴が大きいと靴ズレになったりします。最近は子どもの足の病気が増えているといわれています。お子様の足下に注意を払ってあげて下さい。主な足の病気を以下に示します。
*このような症状がみられましたら、かかりつけの小児科医にご相談ください。
○外反母趾(がいはんぼし)
親指が小指の方へ曲がった状態で固まってしまい、親指の付け根などが痛くなります。つま先の細い靴を長時間履くことによる圧迫が原因です。
○ハンマートゥ
指の関節が曲がったまま固まってしまう症状です。小さい靴や大きすぎる靴を履いて、靴の中が「前滑り」状態で、いつも足の指が曲がった状態でいることが原因です。
○陥入爪(かんにゅうそう)
大きめの靴を長時間履く子どもに発生しやすい病気です。爪が肉の内部にめり込むため痛みがあります。爪の水虫が主な原因です。
○水虫
靴の中は高温で湿度が高く、水虫の菌が育ちやすい環境にあります。痛がゆさがあり、なおりにくい病気です。足はいつも清潔に保つように心がけましょう。

参考文献 『標準小児科学』(医学書)
参考サイト 月星化成株式会社「子ども靴情報サイトキッズランド」
http://www.moonstar.co.jp/kidsland/