エコチル調査北海道センターユニット

詳細調査

Pocket

全体調査に参加しているお子さんのうち、無作為に選ばれた5,000人を対象に行っています。北海道ユニットセンターでは、約400人にご協力いただいています。

詳細調査は一度だけではなく、お子さんの成長に合わせて継続して行うため、全体調査で重点的に調べている免疫・アレルギー分野、成長や発達等にかかわる代謝・内分泌分野、自閉症や注意欠陥多動性障害の精神神経発達分野について、より詳しく知ることができると考えています。

詳細調査には3つあり、内容は以下のとおりです。なお、詳細調査の募集は終了しました。

🌳訪問調査

子どもが1歳6か月と3歳時に実施する調査で、2017年度で終了しました。専門の調査員(2名程度)が1週間の間隔をおいて2回参加者の自宅を訪問し、お子さんの居住環境や生活環境について、以下のものを調べました。

・子どもの布団から採取したハウスダスト中のアレルゲン(ダニ等のアレルギーを起こす物質)
・家庭の掃除機から採取したダスト中の化学物質(重金属類、農薬類、家庭製品由来の化学物質等)
・温度、湿度
・屋内と屋外で採取した空気中の粒子状物質や化学物質(PM2.5、揮発性有機化合物、二酸化窒素等の濃度)
・家庭の住宅環境や化学物質の使用状況

 

🌳医学的検査

検査場所まで来ていただき、お子さんの健康状態や成長・発達の状態について検査をします。身長・体重の計測のほか、血圧・体温等の測定、医師による診察や血液検査を行います。

血液検査では、いろいろなアレルギー物質に対する抗体、身体の成長や新陳代謝に関係するホルモンやビタミンD、環境化学物質について調べます。

2歳時と4歳時の検査は終了し、2019年度から6歳時の検査を行っています。

 

🌳精神神経発達検査

お子さんが2歳と4歳の時に、検査場所まで来ていただき面談による検査を行います。この検査のために訓練を受けた検査者が、全国で使われている検査法で子どもの発達について調べます。

2歳時と4歳時の検査は終了し、2023年度から10歳時の検査を実施する予定です。

 

 

ページ上に戻る HOME