エコチル調査北海道センターユニット

子どもの健康と環境の関係

Pocket

人々を取り巻く社会環境、生活環境は大きく変わってきており、それにともない、環境の汚染や変化が人の健康などに悪影響を及ぼす可能性(=環境リスク)が増大しているのではないかという懸念があります。

 

なかでも、化学物質など環境中の有害物が子どもの成長・発達にもたらす影響について、国内外で大きな関心を集めています。

 

環境リスクが私たちの健康に与える影響を明らかにするために、従来から動物実験や基礎研究を中心としたメカニズムの解明が図られてきました。しかし、動物と人間とでは、形態学的、生理学的に大きな違いがあることから、動物実験の結果だけから人間の健康影響を知ることには困難があります。人間に悪影響が生じているのかどうかを、実際に人間の集団で観察する研究方法(疫学調査)が重要になります。

 
an02_img01_3

ページ上に戻る HOME