エコチル調査北海道センターユニット

概要

Pocket

近年、人々を取り巻く社会環境、生活環境は大きく変わってきており、環境の汚染や変化が人の健康などに悪影響を及ぼす可能性(=環境リスク)が増大しているのではないかという懸念があります。特に環境中の有害要因に対する子どもの脆弱性について、関心が高まっています。

そこで環境省では、環境リスクが私たちに与える影響を明らかにするため、お母さんのお腹にいる時から13歳に達するまで定期的に子どもたちの健康状態を確認する出生コホート(追跡)調査を開始しました。

この調査は2011年に始まり、日本全国各地で10万人のお母さんと赤ちゃんに参加してもらう大規模な疫学調査です。赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳に達するまで、定期的に健康状態を確認させていただき、 化学物質の曝露や生活環境などの環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるのかを明らかにしていきます。



未来の子どもたちが成長し、 安心して子どもを育てることが出来る環境を作って行くために、エコチル調査へのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

エコチル調査は環境省が実施するもので、独立行政法人国立環境研究所が中心となり、下記の15か所の地域で行っています。
北海道は、北海道大学 環境健康科学研究教育センター内に北海道ユニットセンターを開設しています。

 

 

●調査研究計画書やその他関連資料

環境省「子どもの健康と環境に関する全国調査『エコチル調査』ホームページ」にて、調査の中間集計など、各種資料を公開しております。

http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html エコチル調査の研究成果や進捗状況を調査参加者の皆さまへお知らせする情報紙を発行送付(※調査参加者様のみ)するほか、エコチル調査サポーターの方へメールマガジンを配信しています。

ページ上に戻る HOME